1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

生活保護「なめんな」‥小田原市職員のジャンパーに色々な声が出ている

神奈川県小田原市の生活保護受給者の支援を担当する職員が、2007年以降、「保護なめんな」「shat」などとプリントしたジャンパーを着て、保護世帯を訪問していたことが分かりました。

更新日: 2017年01月18日

kyama77さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
38 お気に入り 260847 view
お気に入り追加

●小田原市で、生活保護担当者らが不適切なジャンパーを着用した問題

生活保護受給者の自立支援を担当する神奈川県小田原市の複数の職員が、「保護なめんな」「不正を罰する」などと、

受給者を威圧するような文言をプリントしたジャンパーを着て各世帯を訪問していたことがわかった。

・問題になったのは、2007年に作られたジャンパー

問題になったのは、市の生活保護担当職員の有志が2007年に作ったジャンパー。

これは、神奈川・小田原市の生活支援課のケースワーカーが、生活保護受給世帯を訪問する際に着ていたもの。

SHAT=生活 保護 悪を撲滅する チーム マジか

・胸のエンブレムには「HOGO NAMENNA」と書かれている

【自費で制作?】市職員のジャンパーに「生活保護なめんな」 news.livedoor.com/article/detail… 受給者の自立支援を担当する職員たちが、威圧するような文言を印刷したジャンパーを着て各世帯を訪問していたことがわかった。 pic.twitter.com/gYEmZ1DvBH

胸のエンブレムには「HOGO NAMENNNA」と書かれ、「悪」という漢字に「×」がついたデザインがされている。

私たちをだまして不正によって利益を得ようとするなら、彼らはくずだ」という意味の英文が記載されている。

・ジャンパーは、1着4400円で希望する職員に販売されていた

ジャンパーは業者に製作を依頼してまとめて購入したあと1着4400円で希望する職員に販売され、

・市は16日から着用を禁止、担当部長ら7人を厳重注意処分とした

市は、文言は不正受給を断つ意識だったが、行き過ぎた表現で、受給者に不快な思いをさせているとして、16日から着用を禁止

●ネットでは、この問題に様々な声が上がっている

絶句・・・公務員として、余りにも酷い対応です(怒)→ジャンパーに生活保護「なめんな」、市職員訪問 : 読売新聞 yomiuri.co.jp/national/20170…

いやいや、なかなか手の込んだことをやる余裕があること。よほど暇なのかな?10年間も気付かないのも違和感。福祉職の方はいなかったのかね…非常識な。/ジャンパーに生活保護「なめんな」、市職員訪問(読売新聞) headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170117-…

SHATジャンパーいいじゃん。生活保護の不正受給めっちゃいるんだから。

ジャンパーに生活保護「なめんな」、市職員訪問 : 読売新聞 yomiuri.co.jp/national/20170…  とりあえず優しさみたいなものをかけらも感じないのぅ

ひどすぎて言葉を失った。このような職員に支援される生活保護利用者のことを思うと許せない。しかも、小田原市生活保護担当職員の大半がこのジャンパーを持っているとは。。。→ジャンパーに生活保護「なめんな」、市職員訪問 : 読売新聞 yomiuri.co.jp/national/20170…

困った時に助けてもらうために税金払ってんだろーが。元気な時には税金払ってたんだから元気じゃない時に生活保護受けるのは全然構わんだろーが。今どき親戚も皆カツカツの生活してんのに、扶養義務なんか課したら共倒れだろーが。

1 2 3





お気に入り登録してくださった方ありがとうございます。
気になることやみなさまのお役に立てるようなまとめを作っていきたいと思います。