1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

EU単一市場から完全に離脱を表明…英・メイ首相が語ったこと

英国のメイ首相は17日、欧州連合(EU)からの離脱を巡り、移民制限や司法権独立など英国の権限回復を優先し、EU単一市場から完全に離脱すると表明した。ニュースをまとめ。

更新日: 2017年01月18日

19 お気に入り 50013 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

isaaccさん

○英メイ首相がEU単一市場撤退の意向表明

英国のメイ首相は17日、欧州連合(EU)からの離脱を巡り、移民制限や司法権独立など英国の権限回復を優先し、EU単一市場から完全に離脱すると表明した。

EU域内で人の自由な移動を認めモノやサービスの取り引きを活発にする単一市場から撤退する意向を初めて表明しました。

移民の流入制限をEUとの経済関係より優先し、「ハード・ブレグジット(強硬な離脱)」を目指す姿勢を明確にした。

○EU離脱交渉に向けた政府の方針について演説

メイ首相は、17日午前(日本時間17日午後9時前)から、ロンドン市内でEUからの離脱をめぐる交渉に向けた政府の方針について演説しました。

同首相はEUとの明確な別離を目指す決意を示すとともに、離脱をめぐる最終案を議会の採決にかけることも表明した。

自由貿易協定(FTA)を模索して経済への打撃を抑制する方針だが、市場の混乱も懸念され、英国に進出している日本企業にも影響を及ぼしそうだ。

○単一市場からの完全な離脱を明言

メイ氏は、EUとの離脱交渉に当たって「新しい対等な関係」を提案し、「部分的に加盟したり、準加盟国になることはない」と明言。

「EU加盟の一部を維持したり準加盟国を目指したりせず、ノルウェーやスイスなどが採用した加盟の部分的維持も考えない」と完全な離脱を明言。

「EU離脱を選んだ国民投票は、単一市場からの離脱を求めたものだ」として、単一市場にとどまる考えはないと述べた。

○移民の規制を優先する意向を表明

欧州以外の国々と独自の自由貿易協定(FTA)を締結していく構えで、大陸からの移民流入を制限する姿勢も打ち出した。

英国がEUの「良い友人・隣人であることを望む」一方、EUに対しても友好的なモデルを拒否することの弊害を警告した。

メイ首相は今回の演説で、単一市場へのアクセスよりも移民の規制を優先する意向を表明したかたちです。

○「単一市場」とは?

欧州連合(EU)の加盟国間ですべての関税を撤廃し、規制を統一することによりひとつの経済圏とすること。

これにより、人、モノ、資本、サービスを国境などに妨げられることなく、自由に移動させることができる。

EU側は人の移動の自由と単一市場を切り離すことはできないという姿勢を崩さず、双方の立場は大きく隔たったままでした。

○イギリス国内でも様々な意見

これについて、イギリス国内ではさまざまな意見が出ています。

ロンドン市民からは「短期的には市場は下落傾向になるだろう。ただ、最終的にはすべてがスムーズになると思う」という声

「単一市場に残ることができなければ、多くのビジネスが立ちゆかなくなるだろう」という声などが聞かれた。

○このニュースはネットでも話題になっている

1 2