1. まとめトップ

なんでも聞いてくる人の根本的な原因

思いついたことをすぐに聞いてきたり、何度教えても全く覚えない人間。彼らはなぜそのままなのか。

更新日: 2017年01月20日

4 お気に入り 79454 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Four-Colorさん

ウザくてムカつく

目に入ったものや思いついたことを片っ端から聞いてきて、それにいちいち答えなきゃいけないのは苦痛を伴う。

相手が自分の子供とかだったら頑張るだろうが、赤の他人だったら『勝手に調べてこいよ』というのが本音だろう。

同僚に何でも聞いてくる人います。
「これはどうしたらいいですか?」「こうしてもいいですか?」
しかもイライラしながら・・。

相手は口が上手く、私がやってる事ではないし任せますと言っても、
「いやいや私には権限がない」などと言われ、いつも言い負かされてしまい、
結局私が先輩に聞いたり、ネットで調べたりし、
後で冷静になってから、「あれっ、これって私がやること?」と気付くパターンです。

また私に何でも聞く割には、最終的に彼女は自分のやり方で事を進めています。

卑怯者/ずる賢いという意見

そういう何でも聞いてくる人って
断れそうにない人を嗅ぎ分けて肩代わり、或いは
自分の責任回避の要員として形は、教えて下さい。
相談に乗って下さいと言う狡賢い人が多いですよ。

失敗したり回りから文句がでれば「みどりさんが
こうだと言ったから~」とか「それは私じゃありませ~ん。
みどりさんが・・・」と言われます。

自分で調べて、分からない事を聞いたら?と伝えましたが、その人に休みの日に仕事の事で調べ物とかしたくないし、時間がもったいない。看護師がいるんだから聞いた方が早いって言っていました。

無視も手か

ウチの犬は主人にしかおねだりしません。
主人が何か食べていると、「なになに?なに食べてるの?ちょうだい、ちょうだい。」と
何のためらいもなくおねだりします。

私や娘にはおねだりしません。
何故だと思いますか?
主人は要求に応じ、私や娘は無視するからです。

要求に応じるから「おねだり」されるんですよ。
おねだり、甘え、タカリは似た構造をしています。
応じ続ければずっと続きますよ。

答えない、知らない、別の人に聞いてくれと言い張る事です。優しさを見せてはいけません。

害虫のような嫌われ具合

すぐに聞く人は自分で考えるつもりも調べるつもりもない

なんでも聞いてくる人は、厚かましくて図々しい印象は否めない。
本人は「聞いたほうが早い」のかもしれないが、聞かれた側からしてみれば時間泥棒だしストレスも溜まる。

「ズルい」というのも的を射た意見だろう。自分の仕事、自分がやるべきことの「答え」、時には「手間」を他人に支払わせようとしているのだから。

ここまで嫌われるのも当然と言える。

彼/彼女たちは、なんでも聞く以前に初めから「自分で考えるつもりがない」ように見える。
簡単に言えば「やる気がない」。その上で何の努力もせずにその環境に居座ろうとしている。他人にリソースを支払わせて。

加えて責任も持たない上に教えてもらったことすらないがしろにするようでは、やはり関わらない/疎遠になるのが正解だろう。

詳しくはこちら

1