1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

それぞれ頂点を目指す…ワンオクTAKA&Hiro兄弟がアツい!

バンド『ONE OK ROCK』のボーカルTAKAさんと、バンド『MY FIRST STORY』のボーカルHiroさん。お互いそれぞれのバンドで活躍し、頂点を目指す兄弟から2017年も目が離せません。

更新日: 2017年01月19日

ラガモさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
282 お気に入り 452605 view
お気に入り追加

■兄 TAKA がボーカルを務める、世界照準のロック・バンド

TAKA(vo
TORU(g)
RYOTA(b)
TOMOYA(ds)

超弩級のエネルギーと衝動を撃ち放ち、加速度的に日本ロックシーンの頂へと昇り詰めてきたONE OK ROCK。

2005年にバンド結成。エモ、ロックを軸にしたサウンドとアグレッシブなライブパフォーマンスが若い世代に支持されてきた。

2010年に初の日本武道館ワンマンライヴ、その後に海外ツアーを開催するなど、世界基準のバンドへと成長。

Taka「いい子ちゃんにしているよりは、もう絶対に自分たちのやりたいことを突き進んでったほうがいいというのがあって。(中略)絶対に自分が1番だし、誰に何と言われようと、そいつらよりも上に行けるって信じてたので」

最新アルバムは歴代初…国内盤と輸入盤の同時TOP5入りの快挙

01. Ambitions - Introduction -
02. Bombs away
03. Taking Off
04. We are
05. 20/20
06. Always coming back
07. Bedroom Warfare
08. Lost in Tonight
09. I was King
10. Listen(featuring Avril Lavigne)
11. One Way Ticket
12. Bon Voyage

他 全14曲

最新アルバム『Ambitions』が、発売初週に23.3万枚を売り上げ、最新オリコン週間アルバムランキングで初登場1位を獲得した。

さらに、全英語詞の輸入盤『Ambitions(Int’l Ver.)』も初週売上3.7万枚で4位にランクインし、2作同時のTOP5入りも達成。

同一アルバム作品の国内盤と輸入盤による同時TOP5入りは歴代初となる。

本作にはNTTドコモのCMソング「Always coming back」、映画「ミュージアム」主題歌の「Taking Off」、そしてアヴリル・ラヴィーンをフィーチャーした新曲「Listen」など全14曲が収録。

ONE OK ROCK: Take What You Want ft. 5 Seconds Of Summer (LYRIC VIDEO)

ワンオクすごすぎやね! アルバム日本盤と輸入盤のベスト5同時入りは史上初らしい…すごっ!!!

1月9日には、HNK総合にて地上波初登場

『ONE OK ROCK 18祭(フェス)』

これまでメディアにほとんど登場することがなく、地上波には初登場となった。

番組のフィナーレは、ワンオクと1000人の若者たちが新曲「We are」を大合唱。

一体感に包まれた感動のステージとなり、ボーカルのTakaが「サイコー!」と叫んで締めくくると、大きな拍手が巻き起こった。

ONE OK ROCK - We are -Japanese Ver.- [Official Music Video]

1月15日からは6公演の北米ツアーを敢行

ONE OK ROCKが2017年1月に北米ツアー「ONE OK ROCK 2017 NORTH AMERICAN TOUR」を実施する。

ニューヨーク公演からスタートする北米ツアーにサポートアクトとしてインディーロックバンドCRUISR, ポストハードコアバンドOur Last Night, エモロックバンドAcceptanceが出演することが決定。

そして2月からは、全32公演の国内アリーナツアーが始まります

『ONE OK ROCK 2017 “Ambitions” JAPAN TOUR』

2月18日からは大規模のアリーナツアー『ONE OK ROCK 2017 “Ambitions” JAPAN TOUR』(16ヶ所32公演)を敢行する。

なお、各公演にスペシャルゲストが出演するとのこと。

1 2 3





ラガモさん