1. まとめトップ

北欧一美味しいチョコレートブランド 「メルセデスショコラトリー」とは!?

今年のバレンタインに♪サロン・デュ・ショコラ2017初出店の大注目北欧チョコレートブランド、メルセデスショコラトリー。フィンランド・オーランド諸島発の高級チョコレートブランドがついに日本上陸!

更新日: 2017年01月22日

Maijaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
17 お気に入り 14331 view
お気に入り追加

北欧では「船に乗ってでも買いに行く価値のあるチョコレート」として話題。バターやクリーム、ハチミツやベリーなど、島の農産物や食材×ショコラ、ベネズエラ×オーランドという「異文化」同士を掛け合わせて、個性ゆたかな美味しいチョコレートを手作りすることをアイデンティティーとしています。

彼女はまさに魔法使いだ。世の中にはチョコレートを作るためのカカオやバター、スパイスといった材料がたくさん溢れているのに、こんなにも完璧に調合ができるのは世界でも彼女一人しかいない。彼女の作るチョコレートは、愛に満ちているんだ。

そのときメルセデスさんご本人からいただいたカルダモンガナッシュのプラリネの美味しさといったら!この黒い一粒で、私は彼女の作るチョコレートの虜になってしまいました。

9個入り¥4,536(税込み)
1番人気はハート型のラズベリーパッション味、
オーランド諸島を代表するフルーツ、シーバックソーン味、
オーランド諸島産ハチミツがたっぷりオレンジハニー味、
マイルドで優しいブルーベリー味
のチョコレートプラリネアソート。北欧・オーランド諸島の大自然が一箱にギュッと詰まった、宝石箱のようなチョコレートボックス。

出典i0.wp.com

6個入り¥1,620(税込み)
ミルクチョコレートとダークチョコレートプラリネの2種類が楽しめるお得な一箱。

種類は、ラズベリー味、ブルーベリー味、珍しいシーバックソーン味等、オーランド諸島産のフルーツから選ぶことができます。

一番のおすすめはメルセデスショコラトリーでしか味わえないシーバックソーン味。ビタミンCが豊富で北欧ではスーパーフルーツとして名高いシーバックソーン。優しいシーバックソーンの酸味とチョコレートの深みがクセになる一品!美容効果も!?

地元オーランド諸島在住のテキスタイルデザイナーとコラボレーションしたカラフルなパッケージはお土産にも喜ばれるはず!

芸術作品のように、メルセデスの手で一つ一つ大切に作り上げられたメルセデスショコラトリーのチョコレートはどれもSNS映え抜群❤️高級感のあるチョコレートブラウンの箱もシックで素敵♪

こんなにも美しいチョコレートをもらって嬉しくない人はいない!

♦︎そもそもフィンランド・オーランド諸島ってどこ?

フィンランドとスウェーデンの間、バルト海に位置する大小約6500の島からなるオーランド諸島。

国籍はフィンランド、公用語はスウェーデン語。フィンランドに属しながら独自の旗と法律を有する自治区。別名「平和の島」

1921年、当時の国際連盟の事務次官、新渡戸稲造がオーランド諸島の自治権成立させたことで有名。

オーランド島のバターやクリーム、フルーツ等が高級食材として北欧では親しまれていること、そして何よりオーランド島がチョコレート作りにおいて最も適した気温、湿度、環境であることを熟知していました。

メルセデスショコラトリーのチョコレート工場兼本店は、ブランドのロゴにもなっているオーランド諸島の港町エッケロの歴史的建造 Eckerö Post och Tullhusの中にあります。1828年にオーランド諸島を占領していたロシア軍によって建てられ、かつてフィンランド最古の郵便局として使われていました。

メルセデスショコラトリーのチョコレートが購入できるのはここ本店とオーランド諸島内のショッピングセンター、一部のレストランとショップ、Viking Lineのフェリー内のみ!日本で購入できる今が狙いめ!

出典i1.wp.com

現在メルセデスショコラトリーのチョコレートが購入できるのはフィンランド・オーランド諸島だけ。

口コミで広がった評判をききつけてスウェーデン、フィンランドのチョコレートラバー達が彼女のチョコレートを買い求めに、はるばるオーランド諸島を訪れることから「船に乗ってでも買いに行く価値のあるチョコレート」と呼ばれるようになったとか。

ちなみにオーランドの地元民の間では今、メルセデスの作る新感覚のチョコレートブラウニーが密かな大ブーム!?

「チョコレート作りは私にとって終わりなき情熱であり、そのために24時間従事しているわ。たくさんの量を食べなくても人々を十分に満足させる上質なチョコレートを、いかに小さな型に凝縮させるかが私にとっての大きな挑戦なの」とメルセデスは述べます。

チョコレート作りに関しては誰よりもストイックなメルセデス

メルセデスショコラトリーのチョコレートを生み出すのは、ベネズエラ出身のショコラティエール、メルセデス・ウィンキスト。

彼女の作るチョコレートのように、優しくチャーミングな人柄でオーランド諸島の島民から愛されるメルセデス。

そもそもベネズエラ出身の彼女がなぜフィンランド・オーランド諸島でショコラティエールに?

北欧から遥か遠い彼方、陽光降り注ぐ南米ベネズエラの首都カラカスで生まれ育ったメルセデスはアメリカの大学を卒業後、カラカスのフィンランド大使館に勤めておりました。ある日、彼女は大使館主催のフィンランドの美術展のためにカラカスを訪れた、オーランド島出身の陶芸家、ペーテル・ウィンクイストと出会い、二人は瞬く間に恋に落ちます。

きっかけはオーランド諸島出身の陶芸家、ペーテル・ウィンキスト氏との国際結婚だったのですね!

出典i1.wp.com

メルセデスのご主人はフィンランド・オーランド諸島出身の陶芸家、ペーテル・ウィンキスト氏。

1970年代にフィンランドの陶器ブランドArabia社で活躍し、今なお日本でも北欧ヴィンテージ食器マニアの間で大人気の伝説のアーティスト!

二人はベネズエラ・カラカスで出会い、ベネズエラ〜フィンランドの遠距離恋愛の末に国際結婚!

結婚を機に、当初は言葉も分からなかった嫁ぎ先・オーランド諸島で自立を目指したメルセデスは、島の外れに小さなチョコレート工房をオープンさせます。

ペーテル・ウィンキスト氏の1970年代の作品。
フィンランド語でサクランボウを意味する「Kirsikka」
今では生産をストップしているため、とても希少価値の高いヴィンテージ食器。

文句無しに可愛い!

Fika(スウェーデン語でコーヒーブレイクを意味する動詞)にはメルセデスショコラトリーのチョコレートのお供に♪

ファエンツア国際陶芸展で金賞を受賞した
「Faenza」
シリーズも実はペーテル・ウィンキスト氏の作品☆

どこかで見かけたことがある人も多いのでは?

メルセデスの作るチョコレートとお揃いの美味しそうなチョコレートカラー❤️

出典i1.wp.com

こうしてオーランド諸島の宝石と称されるメルセデスショコラトリーのチョコレートが誕生しました。

南米ベネズエラ産の高級カカオ×北欧オーランド諸島産の大自然の恵みの融合は、二人の愛の物語を象徴しているのです。

いつもラブラブなメルセデスとペーテルが作り出す”甘い”チョコレート❤️

二人にあやかり、オーランド諸島ではメルセデスの作るチョコレートは大切な人に送りたいチョコレートとして大定番。まさに恋に効くチョコレート❤️

フィンランド オーランド諸島エッケロ本店の様子

スウェーデンからオーランド諸島まではフェリー、フィンランドからオーランド諸島までは、主にフェリーかオーランド航空の飛行機が移動手段となります。

フェリーでメルセデスショコラトリー本店を訪れるなら、スウェーデンからEckerö Lineのフェリーに乗るのが一番の近道!メルセデスショコラトリー本店はEckrö Lineフェリー乗り降り場のすぐ近く♪

オーランド諸島観光もかねて、是非とも一度メルセデスショコラトリー本店を訪れてみては☆

お好きなチョコレートをお一つどうぞ♪

1