1. まとめトップ

2017年の予言~南海トラフ地震・第三次世界大戦等~

2017年の予言。地震、第三次世界大戦、自然災害

更新日: 2017年10月01日

20 お気に入り 800569 view
お気に入り追加

何だかんだで起こっていそうな自然災害ですが、ここ近年はより顕著ですよね。
それもこれも、地球温暖化が進んでいるせいでしょう。
海外の予言だからと言って、安心してばかりもいられません。
日本でも台風が休む間もなく、強い勢力のまま上陸を繰り返し、その度に洪水被害が起こっていますよね。
その地域の人だけの被害ではなく、僕達の食卓にまで影響を及ぼしました。
温暖化問題は、本当に待ったなしのところまで来ている気がします。
この予言は、高確率で当たる気がします。

環境問題が第3次世界大戦の引き金に

ノストラダムスによれば、2017年、地球温暖化問題がこれまで以上に深刻化するという。さらに資源の枯渇が近付いているという危機感に伴い、各国間の対立が激化。最終的には戦争に至るというのだ。ノストラダムスはこれを“ホット・ウォー(暑い戦争)”と呼んでいる。この戦争では恐ろしいことに、生物・細菌兵器を使用したテロ攻撃が蔓延するというのだ。

 恐ろしすぎる予言であるが、残念ながら既に兆しが見えているという。というのも、ドナルド・トランプ次期大統領の環境破壊や気候変動に対するスタンスである。トランプ氏は、これらの問題を軽視しているというよりむしろ、気候変動そのものを認めていないようなのだ。その彼が大国アメリカの大統領に就任することにより、上のような悲惨な戦争の引き金になることを、ノストラダムスの予言書研究家たちは懸念しているのだ。

予言者ノストラダムスは、2017年世界情勢は大きく変わる、と見ているようだが、この年変わるのは世界情勢だけではないようだ。人間性といった精神面でも、重大な前進が見られるようで、これは希望の持てるポジティブな内容を含んでいる。

中国や北朝鮮の挑発を受け、日本は軍備拡張へと走る

2016年も北朝鮮の度重なる弾道ミサイル発射、中国の尖閣海域への侵入など、挑発行為が相次いだ。そして、2017年に米国大統領に就任するトランプ氏は、米軍が日本から撤退する可能性、さらに日本の核兵器所持を容認するかのような発言を行っている。いよいよ追い詰められた日本は自ら軍備を拡張し、日米安全保障条約に頼らない自主防衛へと舵を切ることになる

第三次世界大戦終結

韓国と北朝鮮が統一

第3次大戦あたりから北朝鮮は自然に弱体化し、自滅。韓国と北朝鮮は統一され、統一後の国名は大韓国になる。大統領は朴槿恵。2020年ごろには中国の一部も大韓国領となる

金正恩、失脚

2016年9/6の予言。北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)総書記は権力の座から引きずり降ろされる

世界一巨大な言論プラットフォームが誕生

ネットの翻訳精度も高まり、世界中のコンテンツを容易に楽しめるように。また、言語が一つに統合化された世界一巨大な言論プラットフォームが誕生する

1 2