1. まとめトップ

CIA vs 元祖超能力者ユリ・ゲラー!? CIAがユリ・ゲラー氏の超能力の実験結果を公表

1月17日、CIA(米国中法情報局)はこれまで極秘情報であったユリ・ゲラー氏の超能力の実験結果を公表した。

更新日: 2017年01月19日

2 お気に入り 12460 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

CIAとは?

ホワイトハウス直属の情報機関。Central Intelligence Agencyの略。一般にはアメリカ中央情報局(中央情報庁)と訳される。

主にアメリカの外交や国防政策の決定に必要な諜報・謀略活動などいわゆるスパイ活動を行うことで知られている。情報を多く開示していないため、不明なことが多い。

中央情報局長官によって統括され、アメリカ合衆国大統領直属の監督下にある。国家安全保障会議の直轄機関であり、アメリカ軍からは独立して存在している。

CIA自身が収集した情報の他に、国家安全保障局、国家偵察局、国防省情報本部 (DIA)、各軍の情報部、財務省情報部、エネルギー省情報部といったアメリカ政府の情報機関から構成されるインテリジェンス・コミュニティーからの情報を集めて分析し、大統領と国家情報長官に報告する。

あの9・11の首謀者と目されるウサーマ・ビン・ラーディン氏の殺害に係る事前調査にも従事し、その諜報活動能力は世界屈指ともいえる実力を持っているそうです。
…さすがアメリカ。怖いです。

ユリ・ゲラー氏のプロフィールと経歴

ユリ・ゲラーは、イスラエル・テルアビブ生まれの超能力者を名乗る人物。現在イギリス在住。

1974年を皮切りに、公式・非公式に何度か来日。当時の人気番組「11PM」や「木曜スペシャル」(日本テレビ)に登場。スプーン曲げやテレビの画面を通じて念力を送ることで止まっていた時計を動かすといったパフォーマンスで日本での超能力ブームの火付け役となった。

飴細工みたいに金属製のスプーンをポンポン捩じり切っていますね…

やはりといえばそうなのですが、彼の能力を疑う人も多かったようです。当然といえば当然ですね…

CIAもユリ・ゲラー氏の能力に関心!?

CIAの実験は、1973年に、米国カリフォルニア州スタンフォードで8日間にわたって行なわれた。

CIAの要請を受けた科学者たちは、ゲラー氏を窓のない密室に入れ、その隣の部屋にCIA局員を入れた。次に、辞書からランダムに単語を選び、CIA局員にその言葉から思い浮かぶ絵を自由に描かせた。それが終わると、科学者は隣部屋に居たゲラー氏に、CIA局員が描いた絵が何かを尋ねた。

実験問1. 騒音が出るシリンダー状のもの

最初の実験でCIA局員に与えられた単語は「fuse(ヒューズ/導火線、あるいは電気器具のヒューズ」だった。それから連想してCIA局員が描いた絵が下のもの。右下に「爆竹(fire cracker)」という文字が書かれている。

そしてこれがユリ・ゲラー氏が念写して描いたものです

何も見ていない状態でユリ・ゲラー氏は「騒音が出る円筒状のものが見える」と答えたそうで、次の二枚の絵を描きました。
イメージの結果としてドラムが描かれました。

あ、あれ~…う~ん…?

でもここからが凄い

CIA局員がブドウを描いた際、ユリ・ゲラー氏は「紫色の円がいくつも見える」といい、次の絵を描きました。

上の絵がCIA局員が描いたもの、下の絵はユリ・ゲラー氏が描いたものです。

房の数がどちらも24個と一致していますね!

1 2