1. まとめトップ
  2. 雑学

賢人から学ぶ思考術が頭の体操になりそう

覚えておいて損はない、社会で役立ちそうな思考術をまとめています。ヘーゲルの弁証法からマンダラートまで…脳の活性化や頭の体操にもオススメです!

更新日: 2017年01月23日

660 お気に入り 40050 view
お気に入り追加

ヘーゲルの弁証法とは

ドイツの思想家・哲学者ヘーゲルが考え出した概念。

ある命題(テーゼ=正)と、それと矛盾する、もしくはそれを否定する反対の命題(アンチテーゼ=反対命題)、そして、それらを本質的に統合した命題(ジンテーゼ=合)の3つである

一つの段階は必然的にそれと対立する立場を生みだし,その矛盾・対立が発展の原動力となる。そして,その矛盾を止揚(解決)する運動が事物や認識の発展を可能とする

例えば…自転車はすばやく移動できるから便利だ(テーゼ)
      でも坂道はキツい(アンチテーゼ)
      だったら電動自転車を作ろう(ジンテーゼ)
のように命題に反対意見をぶつけることで、さらに進化した命題を生み出すこと。

携帯電話や携帯ゲームなども当てはまりますね。

三段論法

古代ギリシアの哲学者アリストテレスが考えた論理学における論理的推論の型式のひとつ

三段論法とは「大前提」「小前提」「結論」からなる推理方式である

「ソクラテスは人間である」という小前提と「全ての人間は死すべきものである」という大前提により、「ソクラテスは死すべきものである」という結論が導き出されたのである

三段論法の有名な例文です。

三段論法はどんな事柄にでも応用が利くため、あらゆる場面において重用される

例えば…大前提:メイクをするのは女性である
小前提:よしこはメイクをしている
結論:ゆえによしこは女性である
などいろいろ応用できますが、ただし大前提が必ず正しいとは限らず、間違っていてもそこから導き出される結論に矛盾がなければ、それは三段論法として成立します(もちろん大前提が間違っているのだから、結論も間違っています)

マンダラート

デザイナーの今泉浩晃氏が考えたアイデア発想法

紙などに9つのマスを用意し、それを埋めていくという作業ルールを設けることにより、アイデアを整理・外化し、思考を深めていくことができる。今泉浩晃によって1987年に考案された

①3☓3のマス目を準備し、中心にテーマを書く ②テーマからイメージしたキーワードをまわりに書く ③8個のキーワードから1つ選び、新たな3☓3の中心テーマとする ④さらに繰り返す

周りの8個のマスの一つ一つが、さらに9個に分割でき、そこに書かれた事柄が、詳細化できる。周りにできた一つ一つもまたマンダラになっていき、このような手順を繰り返すと無限の表現が可能

@kezy_tw 8つ探すって、属性によっては難しいんですよね……あと、8つのワードから共通点・本質を掘り出す『逆マンダラート』という手法もあるそうです。マンダラートで掘り出したそれぞれの属性からピックアップした8つから、最初のテーマとは違う結論に至る、という。面白い。

シックスハット法

医師エドワード・デボノ氏が編み出した発想法。
水平思考の生みの親でもある。

簡単に言うと、「6色の帽子を順番にかぶることで、思考の切替を行う発想法」のこと

会議の参加者全員に同じ視点・観点(これを帽子に見立てている)で物事を考えさせ、つい反論してしまう、案がまとまらない、などの問題が回避できる

赤の帽子は感情的・白の帽子は客観的・黄色の帽子は肯定的・黒の帽子は否定的・緑の帽子はクリエイティブ的・青の帽子は俯瞰的となります。

これら六つの視点から一つのテーマを考えていくことで、より良い案を出すことができます。

一人でアイデアを出すときにも使うことができ、例えば最初は赤の帽子、次は白の帽子といった具合に考えていくことで、思いもよらない発想が生まれる場合があります。

MECE

マッキンゼーが考案した概念
MECEはミーシー、あるいはミッシーと読む

マッキンゼーが考案した論理思考のための概念

情報や分析対象をグループ分けする際に、「重複なく・漏れなく」行うべきであるということを示した指針

人間という集合を例にとると、「年齢」による分類は、ある人が同時に20歳と21歳になることは不可能(重複なし)であり、全ての人がX歳という集団に属する(漏れなし)ため、MECEとなる。一方、「職業」による分類は、兼業を行う人間(重複)もいれば無職の人間(漏れ、ただし職業として「無職」という項目を設けるとすれば、漏れはなくなる)もいるためMECEとならない

このような思考法に慣れておけば、言葉や文章がより説得力を増しますし、会社の企画書やプレゼンなどにも役立ちます!
それに身近なものを主題において、一人であれこれ考えてみるだけでも楽しいし、頭の体操にもなります

1





ワークワークワークさん

自分好みの偏ったまとめが多くなりそうな気配ですが、丁寧に作りこんでいこうと思ってます。
よろしくお願いします!

※まとめ内に掲載されている画像・引用等の著作権は各権利所有者に帰属しております。



  • 話題の動画をまとめよう