1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

本屋大賞&直木賞受賞!「恩田陸」原作ドラマ・映画5選

6回目にしてついに直木賞を受賞した恩田陸だが、すでに超売れっ子作家だけに、実写化作品も少なくない。栗山千明や山田孝之、山崎育三郎らが出演していた『六番目の小夜子』から、多部未華子『夜のピクニック』、ジャニーズJr.時代の三宅健や生田斗真、村上信五らが出演した『ネバーランド』。追記:本屋大賞受賞。

更新日: 2017年04月24日

aku1215さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
93 お気に入り 80461 view
お気に入り追加

◆ついに恩田陸が直木賞受賞

第156回直木賞の選考会が19日、東京都内で開かれ、直木賞に恩田陸さん(52)の「蜜蜂と遠雷」(幻冬舎)が輝いた。

2005年の初ノミネート以来、候補6度目での受賞に、本人の人柄を知るかつての同級生や文学関係者らから「待ち望んだ快挙」と祝福する声が上がった。

「六番目の小夜子」でデビュー。本屋大賞受賞「夜のピクニック」などの青春小説や、直木賞の候補になった「ユージニア」のようなミステリー小説など、多彩なジャンルの作品を手がける人気作家。

◆恩田陸原作の映画・ドラマ5選

▼『六番目の小夜子』(2000)

主演:鈴木杏
共演: 栗山千明、山田孝之、勝地涼、山崎育三郎
脚本: 宮村優子
原作:恩田陸

「サヨコ」と呼ばれる学園伝説のある中学校が舞台。2人の少女がその謎に挑む姿を、友情を絡めて描く。

ホラーの枠組にそって展開しつつ、思春期の少女が未知のものに直面して不安と憧れを抱き、やがて受け入れ、「扉を開」き前に踏み出すまでを描きあげた佳作。

作者が文庫版のあとがきで「少年ドラマシリーズを再現しようとした」と書いています。原作者の思いが実り、『タイムトラベラー』などかつての名作にも優るとも劣らない作品に仕上がっています。

『タイムトラベラー』は筒井康隆「時をかける少女」原作の初映像作品

山田孝之と鈴木杏

「六番目の小夜子」は大人気を誇り、再放送は5回もおこなわれた。いま観直すと、豪華俳優陣が少年少女だった頃の熱演を楽しめる名作だ。

クラスメイト・関根秋役には山田孝之。当時は甘いマスクのさわやか少年という印象。ちなみにその後、山田は同じNHKのドラマ「ちゅらさん」シリーズで主人公の弟役を演じ、知名度を上げた。

山田演じる関根秋の弟役に勝地涼が配役されていた。ドラマ「あまちゃん」や「プロミス」のCMで強烈なキャラを見せつけた名脇役的な勝地も、当時中学生。

ドラマの「六番目の小夜子」は栗山千明の最高傑作だし、山田孝之が今とは全然違うイメージの役をやってる。また放送してほしい。 cgi2.nhk.or.jp/archives/tv60b…

NHKで、六番目の小夜子みたいなホラーチックなドラマって今やらないんかな。めっちゃ好きだったんだけど

今をときめく俳優の山崎育三郎さんって、NHKのドラマ「六番目の小夜子」の頭のいい加藤くんだったんだね…衝撃だわ。 pic.twitter.com/rGY5dhtRM2

▼『ネバーランド』(2001)

主演:今井翼
共演:三宅健、生田斗真、村上信五、田中聖
脚本:砂本量
原作:恩田陸

海辺のとある地方都市にある、名門私立男子高校の学生寮を舞台に、ひと夏のほろ苦くてせつない体験を描く。

夏休みに入り、帰ることができないそれぞれの理由を持つ美国、光浩、寛司、統らは寮に残った。数々のミステリアスな出来事を通じて、少年達はそれぞれの“心の闇”に互いに触れることになる…。

ジャニーズ勢が総出演。今井翼、三宅健、村上信五、生田斗真、田中聖は、複雑なパーソナリティのそれぞれの役柄を等身大に演じていて好感が持てる。

左から今井翼、村上信五、生田斗真、田中聖、三宅健

顔のアップをひたすらに切り替えしたり、ズームを多用したりといった見せ方は、ファンを満足させることに加えて、いかにも怪しげな雰囲気を高めていて効果的だ。

海辺に建つ星蘭学園の寮・「松籟館」の外観は旧細川公爵邸の洋館でロケが行なわれた。

『出せない手紙』…三宅健主演のTBS系ドラマ『ネバーランド』主題歌となった20枚目のシングルは、 ドラマ原作者の恩田陸がセキヤヒサシ名義で作詞を手がけた。

1 2 3





aku1215さん

記憶の中で生きてゆける



  • 話題の動画をまとめよう