1. まとめトップ

切手デザイナー・星山理佳さんの作品,とても素敵です!「2017年お年玉切手シート」など

2017年お年玉付き年賀はがきの3等の賞品「お年玉切手シート」が可愛い,お洒落だと評判になっている。抽選で当たらなかった人は日本郵便(株)のオンライン通販サイト「切手 SHOP」で買える。切手をデザインしたのは星山理佳さん。切手デザイナーとしてこれまで多くの切手を手掛けてきた。彼女のファンも多い。

更新日: 2017年04月07日

koyagisatoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
4 お気に入り 7441 view
お気に入り追加

2017年お年玉付き年賀はがき

各等の賞品は,

【1等】
セレクトギフト(1万点以上の商品・旅行・体験プラン等からの選択) 又は現金10万円

【2等】
ふるさと小包など
(39点の中から1点)

【3等】お年玉切手シート

▼3等の切手シートが可愛いと評判だ

日本郵便株式会社によると,

2017(平成 29 )年の干支である 酉(にわとり)を題材にし、年間を通してご利用いただけるデザインとしました。シート全体を絵本のようなポップタッチでまとめ,切手部分に、愛嬌あるにわとりのつがいを描いています。
 背景は,金色・銀を使用した色鮮やかなデザインとし,花模様等の穴を空ける特殊加工も施しています。

デザインは専属切手デザイナーの星山理佳さん。

■ネットでも好評だ

お年玉年賀葉書で当たった切手シート、今年はお洒落な感じですよ♪ センス良い(^O^) pic.twitter.com/Aj3HxK0rKt

カラフルで可愛いです!
ちょっと北欧風でもあり、アジアっぽくもあり、枠の部分とトータルなデザインがとてもステキですね〜(^_^)
枠の花柄の一部はくり抜きデザインになっていて、すごく細かいところまでこだわってデザインされてます。

しかも、シートも凝っていて、
ところどころ、お花の形で切り抜かれてるの。
これ、かなり好きだわWハート

お年玉つき年賀はがきの切手シートが当たった!鶏の周りの模様は花びらの穴が開いていてすかし模様になっている。なかなかかわいい。郵便局で妻が「今年の切手シートはかわいいですね。」と言うと窓口の女性が、「そう、今年はかわいいんです。」と… twitter.com/i/web/status/8…

■年賀はがきの抽選で当たらなかった人は通販で買える

お年玉賞品3等として2017年1月16日(月)から同年7月18日(火)まで当せん引き換えを実施するとともに,当社オンライン通販サイト「切手 SHOP」にて販売します。

販売はシート単位で価格は1シート 134円,販売用発行枚数は 2万枚( 1万シート)です。

■デザインは切手デザイナーの星山理佳(ほしやまあやか)さんが手がけた

ちなみにこの星山理佳さんて方は、あの12年越しのマフラーの羊をデザインしたデザイナーさんです。 pic.twitter.com/oTYzikKdmj

■12年越しのマフラーとは

(左)2003年用の年賀はがき(写真1)
(右)2015年用の年賀はがき(写真2)

これらの年の干支は「ヒツジ」

まずは03年用の年賀ハガキ(写真(1))を見ていただきたい。定価を示す料額印面のヒツジが編み物をしている。すぐ下にある年賀マークは毛糸、くじ番号にはマフラーが描かれている。

そして15年用(写真(2))。料額印面のヒツジはマフラーを巻き、年賀マークの毛糸は消え、くじ番号には帽子と手袋が。12年前に編み始めたマフラーが完成し、そのお披露目というわけ。

2003年では編み物棒を手にマフラーを編んでいた羊が、2015年には12年越しに編み物を完成させており、そのイラストが話題に。

星山さんは秦野高校を卒業し、東京造形大学(東京都八王子市)に入学。

星山さんは、東京造形大学の4年生だった1997年秋、学内の掲示板に張り出された郵政省(当時)の欠員募集を見て、「大好きな絵を描ける職業なら」と軽い気持ちで応募。翌年4月1日付で切手デザイナーとして入省した。

他のデザイナーとともに干支のイラストを担当して18年目。

「多くの方に見ていただくというプレッシャーよりも、『楽しく』つくってきました」と星山さんは話す。

▼多くのファンがいる

1 2





koyagisatoさん



  • 話題の動画をまとめよう