1. まとめトップ

【鼻炎の鼻づまり】太る原因にも!簡単に解消する方法5選

花粉症など、鼻炎による鼻づまり・・・苦しくて辛いですよね。とはいえ点鼻薬を多用するのもちょっと心配。薬を使わずに、鼻づまりをできるだけ早く、簡単に解消するための方法をまとめました。

更新日: 2018年03月18日

1 お気に入り 1839 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

maymgmさん

鼻が詰まる原因って?

鼻水がたくさん詰まっているのかと思いきや実は違うかも

鼻炎による鼻づまりは、鼻の中の粘膜が腫れることによって、鼻の通りが悪くなって起こります。鼻炎の鼻水は水っぽいので、鼻水自体が鼻づまりの原因となることは、ほとんどありません。

鼻は生体にとって重要な防御器官です。鼻に異物が入ることによって、アレルギー反応や炎症反応を起こし、異物に対して臨戦態勢を示します。
アレルギー反応や炎症反応を起こすことによって鼻腔を狭くし、さらなる異物の侵入経路を狭めることは生体にとって当然の反応ということができます。

鼻炎の場合は、鼻水が詰まっているわけではなく粘膜が腫れて鼻の中が狭くなっているからなんですね。

鼻づまり ⇒ 太る、老化する?!

鼻づまりの意外な悪影響!

鼻がつまっていると自然と口呼吸になりがちです。
口呼吸になると基礎代謝(安静時にも使われるエネルギー消費量)が下がり、太りやすくなります。

鼻がつまっているせいで呼吸がしづらい人は、酸素不足になります。
そのため、酸素を全身へ運ぼうと血流が速くなり、心臓の鼓動も速くなるのです。その結果、循環器系に負担をかけて老化を早めてしまいます。

鼻づまりを即効で治したい!試してみて効果を感じた解消法5つ

いろんな情報が出回っていますが、重度の花粉症患者である私が実際に試してみて効果を感じた方法をご紹介します。

1.息を止めて頭を動かす

道具も何も使わず不思議と鼻が通るこの方法。ちょっと苦しいですが本当に息ができるようになってびっくり。

①深く息を吸ったあと、吐く息がなくなるまでゆっくりと息を吐きます。
②鼻をつまんで息を止め、息が必要になるぎりぎりのところまで頭を上下にゆっくりと動かします。
③呼吸を開始します。

頭の上下運動は、2秒程度のスピードでゆっくりと動かしましょう。 また、無理をせず苦しくなる前に呼吸をするようにしましょう。

この方法で鼻づまりが解消する原理は、息を止めることによって、脳が空気をより取り入れるために鼻腔を広げようとするからです。

脳をだまして鼻の血管を収縮させて鼻粘膜の腫れを引かせるんですね。
でも、酷いときにやっても効果は一時的かも・・・?

2.腋の下を圧迫する

こちらも意外な方法で血管を収縮させて鼻腔を広げる方法です。

鼻づまりは、両鼻ではなくどちらか片方だけが詰まっていることも多いようです。例えば右鼻が詰まっている場合は、その反対側(左側)の脇の下を圧迫します。拳を挟んでも良いですし、丸めた雑誌やペットボトルでもOKです。特に、脇の下を圧迫したまま、横になるのも効果的。

脇の下には自律神経が通っています。そこを圧迫することで交換神経に働きかけ、血管が収縮するのです。鼻づまりは、単純に鼻水が詰まっていると言うだけではなく鼻の粘膜が腫れていることも大きく関係しています。交感神経への刺激による血管収縮は、鼻粘膜の腫れをおさめる効果を発揮します。脇の下を圧迫すると、その反対側の交換神経が刺激されます。

劇的な効果!ってわけではないですが、寝るときとかにできるのは良いです。人によるのかもしれませんね。

3.耳たぶを回す

こちらも道具を使わずできて、お手軽です。

耳の下部には、リンパが通る道があります。耳たぶを回すことで、リンパの通り道を刺激することにより、リンパの流れが良くなります。そうすることで鼻の通りを良くしましょう。

やりかたとしては、

1、耳たぶ(顔の皮膚とのギリギリの位置)を両の手でつまみます。

2、そのまま後ろ周りに5回ほど回します。

3、そして両の手で頬をぐるぐると4回ほど回します。

4、再び耳たぶを後ろ回しに5回ほど回します。

以上です。これで顔全般のリンパの流れを良くすることができるのです。

鼻炎シーズンは鼻を中心に顔全体が重くむくんだような感じがしたりするのですが、それが少し解消されます。他のワザと組み合わせてもいいですね。

4.鼻うがいをする

鼻水を洗い流すと同時に、アレルギーの原因を取り除くことができます。

真水を鼻から入れると、鼻の奥や耳の奥にツーンとした痛みを感じます。これは、水と体液の浸透圧の差によるものです。体液に近い、一定の塩分を含んだ食塩水(生理食塩水)を使うことで痛みなく行うことができます。

容器に大さじ1杯程度(18グラム)の食塩を入れ、2リットルまでぬるま湯をはります。ぬるま湯1リットルの場合は、容器に9グラムの食塩を入れてぬるま湯をはります。水道水を使用する場合には、必ず一度沸騰させて冷ましたものを使用しましょう。また、衛生面の問題から生理食塩水は24時間以内に使いきりましょう。

1 2