1. まとめトップ

【千と千尋の神隠し】 リンとカオナシの正体について【裏設定】

嫌味な先輩と思ったけど、いい人でしたね^^

更新日: 2017年01月20日

5 お気に入り 257618 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

baseraさん

リンについて

自分のことを俺と言っており、男勝りな性格

面倒見が良い性格で、千尋に強く当たることはなかった

湯屋で働いている娘。外見年齢は14歳。口調は荒っぽいが性格はサッパリとしており、人間である千尋を初めて見た時は驚いて当惑していたが、彼女の雇用が決まると湯屋の先輩として千尋に色々と仕事を教えて面倒を見る。

不本意ながら湯屋で働く自分の運命を呪っており、いつか湯屋を出て海の向こうの街に行く事を夢見ている。彼女の他にも人間の娘と全く変わらぬ外見をした湯屋で働く下働きの娘が何人かいる。

好物はイモリの黒焼き(湯屋では貴重な品で、従業員はみなイモリの黒焼きに目がない)

油屋をいつか辞めたいと思っている

リン「おれいつかあの街に行くんだ。こんなとこ絶対にやめてやる」

いつかこの会社を辞めてやる
みんなもこう思ったことある?

リンの台詞を聞くと、油屋の仕事って大変だなと思う

大きなミスしたらユバーバに八つ裂きにされそう

リンの台詞

まぁたハクかよー。……あいつ時々いなくなるんだよ。噂じゃさぁ、湯婆婆にやばいことやらされてんだって。

湯婆婆がカンカンになっておまえのこと探してるぞ。
気前がいいと思ってた客がカオナシって化けもんだったんだよ。湯婆婆は千が引き入れたって言うんだ。

やばいこと=ゼニーバの印鑑を盗むこと
ユバーバは最低だ

従業員たちの正体

釜じいはクモかな?

湯屋にはリンのような人間の女の子の外見をもった従業員もいますが、大半は蛙と蛞蝓(ナメクジ)です。

出典『千と千尋の神隠し』カオナシとリンの正体の謎を検証

リンの正体は、白狐だった

リンの設定になっている白狐は、人を騙すのではなく、人間に幸福をもたらすよい狐、「善狐」といわれている存在。お稲荷さんに祀られているのも、この白狐です。
劇中でリンが人間の千尋をしばしば助けてくれたことと重なる気もしますね。

出典『千と千尋の神隠し』カオナシとリンの正体の謎を検証

千尋が両親を当てた時、授業員たちは大喜びした
最終的には防も千尋の味方になっていた
最初に会った大根の神様も良い人で、千尋をユバーバの所に案内した

1番性格が悪いのはユバーバぐらいしかいないw

千尋は帰りたいけど…またここに来たいと思ったはず

カオナシについて

▼相手を呑み込むことができる

▼呑み込んだ後は会話ができるようになる

黒い影のような体にお面をつけたような姿をしている。手から金などの人が欲しがるものを出す力を持つが、それはただの土くれを変えたものに過ぎず、それを欲した瞬間に相手を飲み込んでしまう。

また「己」を持たず、呑み込んだ他人の声を借りなければ会話ができない(普段は「あ・・・」や「う・・・」と言ったか細い声を搾り出すだけで、表情も無い。

出典ピクシブ百科事典

カオナシの正体

千尋を気に入り、油屋に侵入した

千尋に好かれるために金や札を出すが失敗
千尋に泥団子を食わされて、暴走→吐き出す→元に戻る

その後、千尋と一緒にゼニーバの所に行き
ゼニーバの手伝いをする

最終的にはゼニーバと一緒に暮らすことに

▼最後は自分の居場所が見つかって良かった^^

カオナシは現実世界でも油屋の世界でも居場所のない不安定な存在(千尋に居場所や親について聞かれた時に困惑した、また、銭婆にとどまるよう言われた=居場所を提供されたとき非常に喜んだことから)出処は人間の心なのだろう。

出典トレダカ

こんな意見もある

人の持っているエゴや弱い部分の象徴じゃないですかね。

・顔がないとは、自分の思っている事を表に出せない、自己主張が出来ないという事。
・他の者を取り込んでどんどん巨大化し傲慢になって行ったのは、人の威を借りてでも自分を大きく見せたり支配したいという事、人は簡単に他者の影響を受けるという事。
・金を出して人を手なずけようとしたのは、本当は心の繋がりが欲しいのに、それを物欲に頼って手に入れようとし、それでは手に入らない事に気付けないという事。
・千尋が拒否した時のように、気に入っている相手から拒絶されると可愛さ余って憎さ百倍みたいに、裏切られたと捉え途端に相手を憎み傷つけるという事。

というように捉えると、人のエゴや弱い部分を強調しているとみれます。

出典Yahoo!の知恵袋

さらに、千尋がこの異世界に迷い込んだ時、油屋では人間が入り込んだと言って大騒ぎしていました。

異世界では人間はそれだけ警戒される存在だと分かります。
同じようにカオナシが千尋の導きで油屋の中に入り込んだ時、湯婆婆も何か入り込んだようだと言って警戒していました。

カオナシに象徴される人のエゴは簡単に肥大化暴走するから異世界では警戒されているともみれます。
これは私達に向けた、エゴを肥大化暴走させないよう要注意というような戒めと捉えられます。

最後、銭婆と一緒に暮らす事になりますが、そういう事を自覚した上で心のバランスに注意(エゴを無くす事は無理なので)すれば大丈夫と言っているようでもあります。

出典Yahoo!の知恵袋

カオナシのモデルは存在した!?

なんと、「カオナシ」にモデルがいたという事ですが、そのモデルになったと言う人は、「借りぐらしのアリエッティ」などの監督をされていた米林宏昌さんらしいですが、本人は否定しているそうです。

出典トレダカ

カオナシの表情

1 2