かつては千尋が以前住んでいた家の近くの小川「コハク川」の主である神・「饒速水小白主(ニギハヤミコハクヌシ)」で、白竜に変化する事ができる。

溺れかけた千尋を助けた事があるが、マンション開発で川を埋め立てられて帰る場所を失い、湯婆婆に魔法を習うため弟子入りし、自らの名と記憶を奪われた。

出典ピクシブ百科事典

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【千と千尋の神隠し】ハクの正体と最後について【スタジオジブリ】

今回はハクの正体・その後について書いていきます

このまとめを見る