1. まとめトップ

それ、捨てちゃうの?【カリフラワーの茎・葉レシピ】

カリフラワーの葉っぱをむくと、食べる花蕾の部分に負けず劣らず大量で、そのまま捨ててしまうのはもったいない!固くて食べづらそうだけど栄養だってあるはず、とレシピを調べてみたら、案外手軽に調理できそうです。せっかくの緑色の部分を活用しない手はないですよね。

更新日: 2017年05月28日

3 お気に入り 7677 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

カリフラワーの茎と葉の魅力

カリフラワーのビタミンCは熱に強いという特長があり、蕾の部分よりも茎の部分に多く含まれている

ビタミンCは免疫力をアップさせるだけでなく、シミの原因となるメラニン色素の生成を抑制する働きがあるため、透明感のある肌へと導きます。

茎・葉を使ったレシピ

香ばしく焼き色をつけ、エビも入ってボリュームのある一皿に。

出典ameblo.jp

カリフラワー、刻んだカリフラワーの葉、千切りにしたタマネギを、酒と顆粒かつおだしでサッと煮て、味噌、酒粕で味つけし、豆乳を加えたヘルシー和風シチューです。

マヨネーズや味噌の分量を調整し、代わりに牛乳でのばすと塩分を抑える事ができます。
ツナの代わりに脂が少ないささ身やむね肉を茹でた物でも美味しく召し上がれます。
お好みでソースに粒マスタードを混ぜるとお酒のおつまみにもなります。

出典ameblo.jp

セロリの水気を減らして旨味を凝縮したような美味しさ。お弁当にも。

葉っぱをフードプロセッサーまたはミキサー(+水)にかけ、ガーゼやさらしで絞ります。
大根葉やニンジン葉、パセリなどを加えて絞っても。

豆乳や牛乳、ヨーグルトなどの乳製品 + リンゴやレモン、キウイ、ニンジンなどの酸味や甘みがあるものに、お好みで蜂蜜なども加えてミキサーでジュースにして頂きましょう。

1