1. まとめトップ

【トランプ大統領】異例づくめのスタート…就任式典をめぐる混乱を振り返ってみた

2017年1月20日(現地時間)、アメリカのドナルド・トランプ新大統領が、就任式典の場で宣誓と就任演説を行い、正式に第45代アメリカ合衆国大統領に就任した。今回の就任式典をめぐっては、出席拒否を決めた政治家や著名人も多く、また反トランプ派による抗議デモも発生。異例の混乱の中の就任となりました。

更新日: 2017年01月21日

shiro05さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 3841 view
お気に入り追加

トランプ新政権、異例の「低支持率」でスタートへ…

・2017年1月20日(現地時間)、アメリカのドナルド・トランプ新大統領が、就任式典の場で宣誓と就任演説を行い、正式に第45代アメリカ合衆国大統領に就任した。今回の就任式典をめぐっては、出席拒否を決めた政治家や著名人も多く、また反トランプ派による抗議デモも発生。異例の混乱の中の就任となりました。

米国の第45代大統領に共和党のドナルド・トランプ氏(70)が20日正午(日本時間21日午前2時)、就任した

・異例尽くめのスタートとなったトランプ新政権。

支持率約40%という歴史的な不人気の中での就任式は、米社会の分断を象徴する異例の船出となった。

議員や歌手らの「出席拒否」も相次いだ就任式典

1960年代の米公民権運動でマーティン・ルーサーキング牧師たちと共に闘ったジョン・ルイス下院議員を、ドナルド・トランプ次期米大統領がツイッターで「口先だけ」と攻撃したことについて、複数の政治家や著名人、ソーシャルメディアの利用者が、トランプ氏を非難

・人種差別と戦い続けたルイス下院議員に対し、トランプ氏が攻撃したことで騒動が広がった。

就任式への欠席を表明していた民主党のルイス下院議員に対し、トランプ氏が、ツイッターで「口先だけ」などと非難したことから、民主党議員の間でトランプ氏への反発が広がりました。

民主党の下院議員が就任式への出席を拒否するという異例の動きが広がり、アメリカのメディアによりますと、60人を越える下院議員が欠席

大統領就任式には超一流の歌手が出演するのが慣例だが、トランプ氏の就任式には出演を断る人が相次いでいる。いったん出演すると発表した歌手やバンドの辞退も続いている。

・オバマ大統領の就任式典の時とは全く異なる雰囲気。

ブロードウェイ・ミュージカル出身の人気歌手ジェニファー・ホリデイは一度は承諾したものの、ファンからの反発を受け、撤回した。

・前例の無い事態だという。

歌手のセリーヌ・ディオンさんやエルトン・ジョンさんなども出演を断ったと言うことです。

今回の就任式では、有名歌手ではなく、一般の人たちが競い合うテレビ番組に出演した16歳の歌手が国歌を歌う

・これまでの慣例とは全く異なる人選。

「反トランプ」派の抗議デモによる混乱も…

今回は、祝賀ムードに包まれたオバマ大統領の就任式とは異なり、トランプ氏の就任に対する抗議活動が数多く計画

ニューヨークやワシントンでは抗議集会や小競り合いが起きるなど、異例ずくめの大統領誕生を象徴する動きも表れている。

首都ワシントンの中心部では20日、黒っぽい服を着て顔や頭を覆ったおよそ500人の集団がトランプ大統領の就任に抗議して、「差別主義者を再びおそれさせる」などと書かれた旗などを掲げて行進

・一部は暴徒化した模様。

就任式の直前にトランプ大統領に反対するデモ隊が、銀行や車の窓ガラスを割って、警察と衝突するなどし、混乱も見られている。

警察などはテロを警戒。歴代最大規模、2万8000人もの人員を配置し、厳戒態勢を敷いています。

・爆発物があるとの情報も一時浮上し、爆発物処理班が出動する事態も…。

一方のトランプ氏の演説も「アメリカ第一」を掲げる異例の内容となった

就任式で演説し、「今回の政権交代はワシントンから皆さんに権力を移すものになる」と語った。さらに「米国を再建する」と訴え、雇用創出を約束。「米国第一主義」を掲げ、国民に融和と結束を求めた。

「米国製品を買い、米国人を雇用する政策を推進する」との方針を示し、「ワシントンから国民に権力を取り戻す」と強調した。

・どこか排外的なイメージも…。

1





shiro05さん