1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

コントを無料公開!キンコン西野炎上の裏でラーメンズが注目されてた

キングコング西野と同じ無料公開なのにラーメンズは炎上どころか絶賛されてた・・・なぜ?

更新日: 2017年01月22日

canty0628さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
86 お気に入り 98837 view
お気に入り追加

絵本『えんとつ町のプペル』を無料公開したキングコング西野

絵本作家としても活動するお笑いコンビ・キングコングの西野亮廣。

『Dr.インクの星空キネマ』を2009年1月26日に発売、にしの あきひろ名義で絵本作家としてデビューした。

芸人として活動しながら絵本作家でもあることに、一部で批判があったことから、2016年6月28日にブログおよびTwitterで芸人引退をし、以降は絵本作家を肩書きとすることを宣言。

去年に発表した新作絵本『えんとつ町のプペル』をネットで無料公開

西野は小学生から「2000円は高い。自分で買えない」という声が寄せられたことを受けて、インターネット上での全ページ無料公開を決断。

「10万部売れるコトより1億人が知っているコトの方が遥かに価値があると考える」と訴えた。

えんとつ町のプペル 無料公開ありがとう。2000円をどう使うかは人それぞれ。 読めてよかった。

えんとつ町のプペル 無料化したと聞いたから 読んで見たけど めっちゃ面白い絵本やん! 感動要素もあったし絵も綺麗だし!

えんとつ町のプペル、気になってたから無料の読んだ。いい話やん。感動系では泣かないタイプだから泣いてはないけどいい話やなーって思って終わった。 お金を出して買う価値はある作品だと思う。絵めちゃくちゃ綺麗だし。

しかし喜びの声以上に多かったのが批判の声!

西野もよくわからんのが無料にするのはいいとしても無料にするまでにわざわざ買った人どうすんの?って話やん。

いわゆる無名作家さんだったり、これから絵本作家になろうって思ってる人が「あの西野さんが無料で公開したってのに、アンタ絵本に金取るつもりなのか?」とか言われなきゃならない日が来るのかもしれないと思うとねぇ

あと西野が叩かれてるのって自分本位に無料公開しちゃったけどいろんなクリエイターの心血が注がれたいわば共作なんでしょ?アレ まるで自分1人で作り上げたみたいな顔をしてるけれど

「安売りするな」「こういうやり方が認められてしまうと、創作に関わってる人たちが困る」など否定的な意見も散見した。

えんとつの町…賛否両論あるみたいだけど、絵本の電子書籍はまだ抵抗感があるなぁ。絵本は紙の本で読ませたいよ。全国の図書館で借りれるようにとか学校に贈るとかしてあげればいいのにね。ビジネス無視して人道的なことだけみれば。

一方で対照的に注目されているお笑いコンビ『ラーメンズ』

ラーメンズとは、小林賢太郎と片桐仁によるお笑いコンビである。多摩美術大学在学中にコンビを結成。

テレビにはめったに出演しないので、一般的な知名度は低いが、舞台を中心とした活動で着実にファンを増やし、いざ本公演となると壮絶なチケット争奪戦となる。

「爆笑だけが面白いわけじゃない」として幅広くコントを追求している。

実はラーメンズ好き シュールでわかる人にはわかるみたいな世界観がものすごく好きww

そんなラーメンズですが最近はコント公演を行っていない・・・

1 2





canty0628さん

気になることを「上質」なまとめとして発信していきます!似たまとめがあったとしても、他より「分かりやすく」「オリジナル」がモットーです。