1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

雪と氷の世界♥この季節だけの美しい北海道のフェスティバルへ!!

2月上旬の札幌の日中の平均気温はマイナス3~4℃。その冷たい空気だからこそ美しい氷のフェスティバルに行ってみませんか?

更新日: 2017年01月26日

warabigumiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
87 お気に入り 24689 view
お気に入り追加

♥【さっぽろ雪まつり】200万人以上もの人が 訪れる世界的な祭典

5丁目西 毎日新聞氷の広場 には【大氷像】台湾-台北賓館。
7丁目 HBCフランス広場には【大雪像】凱旋門が。
10丁目には、映画「『スター・ウォーズ』40周年記念 白いスター・ウォーズ」の大雪像が。

真っ白い雪と透き通る氷だけによって創り出された芸術品は、制作者の思いをのせて観客の皆さんにきっと何かを伝えます。

さっぽろの歓楽街「すすきの」には、氷のアートが出現!透き通った美しい芸術に感動!

「氷を楽しむ」をテーマに、幻想的な氷像が立ち並びます。

札幌市スポーツ交流施設「つどーむ」(札幌市東区栄町885-1)では雪と氷を楽しむ屋外のアトラクションが充実。
つどーむ会場:2017年2月1日(水曜日)~12日(日曜日)

氷の彫刻がメインとなるのがすすきの会場。大通会場やつどーむ会場とはまた少し違った、すすきの会場ならではの独特の雰囲気をお楽しみ頂けます。

♥【支笏湖 氷濤(しこつこひょうとう)まつり】支笏湖ブルーに輝く氷像に感動!!

出典ameblo.jp

トドマツとエゾマツの葉で苔をイメージさせるグリーンに。中では松の香りがほのかに漂っているそそう!

湖の南側にある名所・苔の洞門を氷で表現した幻想的なエリアで、特にカップルにおすすめ。

透明度の高い水をゆっくりと時間をかけて凍らせるため、完成した氷も不純物が少なく青い光を通しやすい。染色していないのに、青く輝く氷。

駐車場からは少し歩きますが、駐車場近くには土産店や飲食店が軒を連ね、そこから少し遊歩道を下ると、イベント会場の入り口に到着します。

♥【小樽雪あかりの路(おたるゆきあかりのみち)】ひとつづつ手づくりの温かさにこだわったキャンドル

立ち並ぶレンガ倉庫とレトロな街灯に、1つ1つ手作りされた灯かりが温かなぬくもりを。幻想的な世界に引き込まれそう。

ワックスボウルはボランティアさんたちによりひとつひとつ心を込めて製作されています。

天狗山会場は夜景を見渡せる絶好のスポット。JR小樽駅からは少し離れていますが、イベント期間中は臨時シャトルバスが運行

♥【定山渓温泉雪灯路(じょうざんけいおんせんゆきとうろ)】幻想的な光を放つスノーキャンドル

定山渓神社に雪の灯篭が並び、厳かで、しかしどこか妖しい雰囲気が出ていました。

願いの灯りを雪路まで、消えずに運ぶことが出来ると、願いが叶うといわれています。

1 2