1. まとめトップ

「千と千尋の神隠し」その後の話が気になってる人達へ

「千尋と別れた後、ハクは湯婆婆により八つ裂きにされ、もう二度と二人が会うことはない」という説がよくながれていますが、ハクのラストシーンのその後を示す、もうひとつのラストがあった?

更新日: 2019年08月17日

4 お気に入り 204339 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

soranokoeさん

「千と千尋の神隠し」の最後、ハクと千尋はどうなったの?

「すべてのことはルールに従わなければならない」という世界観により湯婆婆の言葉通り八つ裂きにされる運命をハクは受け入れているのです。

出典http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1026878465

「千尋と最後に別れるシーンで、手を繋いでいた千尋の手が離れ、ハクの手だけが名残惜しく画面に残っています。
それは宮崎監督が、2人の永遠の別れを表現しているとの記述があったと思います。」

宮崎監督が、2人の永遠の別れを表現しているとの記述があり、
ハクが千尋と再び会う約束をしているのは、ハクが死に魂のみになって人間界に行く、という風に想像できます

たしかに最後のハクの手のみ写すシーンをのこしている。
まるで名残があるようにみえてしまう

「千尋と別れた後ハクは、湯婆婆に八つ裂きにされた」という説が一般的のようです

『ただしこの話も賛否両論。本当かどうかはわからない。』

---------------------------------ここからが本題---------------------------------

【ハクのラストシーンのその後を示す、もうひとつのラストがあった?】

「自分の名前を思いだし湯婆婆との契約を破棄したハクは、
千尋との約束どおり、元の世界にもどり、
うまく千尋の家の近所の川の主におさまった」
という説

この説、実は映像化、アフレコもされており公開当時映画館でも一部で実際に流されているようです

この説についてのネットでの反応は・・・

いろんなツイート見てて気づいたけどそう言えば千と千尋、映画館で見た時と最後違うよね。 2回見て1回目と2回目もED違った記憶があるんだけどこれは記憶違いかなぁ

千と千尋のED、たしかにあれで終わりじゃなかったような気もするのよなー 川まで見たかは覚えてないけど、引越し業者さんがもう来ちゃってるじゃない〜みたいなのは見た覚えあんだよなぁ… 気のせいかなぁ 映画館で見たのは確かなんだけど。

千と千尋の神隠しこの後の伝説のEND覚えてる人他にいないかな 丘の上の新しい家の前に引っ越し業者のトラックと業者がいて お母さんが「ほら、もう来ちゃってるじゃない」って言って向かうんだけど千尋はそこら辺ぷらぷらしてたら小川見つけてハッってなるのが本当のENDだと思ってたんだけど

どうしても気になるからこの立場を利用させて貰うが、車内から丘の上の新居を見て「引越のトラック来てるじゃないの」っていうお母さんと「困りますよー」っていう引越業者と千尋が自分の物ではない髪飾りに気づくのと小さな川を見てハクの生まれ変わりだって気づくシーンはあったよな?

確か、千尋が新居の周囲を散歩しているとき、その後で小さな川が流れている、その小川はハク。というストーリーだったような

小さい時に劇場で見た時はEDの後にまた一つ後日談みたいなのがあったような気がする…と思ってたけどもう随分昔のことで記憶も曖昧で怪しいけどちゃんとハクと再開できたなら良かった

ただしこれも一つの「説」にすぎないようです

現在何故以下のラストシーンが無かったかのように扱われているかは謎ではありますが・・

1