1. まとめトップ

いま大注目!次世代の歌姫MØの魅力とは?

新曲「Don't Leave」も話題!いま世界が注目する歌姫MØ。そんな彼女の魅力をまとめてみました。

更新日: 2017年03月23日

7 お気に入り 5116 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

NeoPandaさん

MØとは?

本名:Karen Marie Aagaard Ørsted Andersen
1988年8月13日生まれ,デンマーク出身の女性シンガーソングライター

MØ 読み方は? ムー

アヴィーチーの楽曲「ディアー・ボーイ」にボーカル参加し話題となったほか、今年大ヒットのディプロ率いるメジャー・レイザーのシングル「リーン・オン」にフューチャリング・アーティストとして参加し、そのエキゾチックでどこか切ない歌声に話題沸騰。2015年10月にディプロがプロデュースしたニュー・シングル「KAMIKAZE」を発表。10/28に行われるロンドンのXOXOでのライブは発売からわずか10分でチケットが完売するなど、現在世界が注目する新鋭ポップ・シンガーだ。

MØを一躍有名にした大ヒット曲「Lean On(リーン・オン)」

エキゾチックなメロディに独特なダンスが斬新なMV
楽曲はGoogleの「Nexus 5X」のCMソングとしても起用された

・4位 Major Lazer(メジャー・レーザー) / 「Lean On(feat. MØ & DJ Snake)」
YouTube公開日 3月22日 再生回数 7億9,400万回

日本でも絶大な人気を誇るDJ,Aviciiの「Dear Boy(ディア・ボーイ)」にボーカル参加

8分に及ぶ楽曲。MØの歌声は1:01頃~
知名度を上げたLean Onの前に発表されたこの曲。
当初は、アンニュイな歌声を持つラナ・デル・レイがボーカルではと噂された。
また名義はMØではなくKaren Marie Ørstedとなっている。

ライブにも定評があるMØ!初来日を果たしたサマーソニック2016でもNMEが選ぶベストアクトで堂々の第2位

何のギミックもないのに圧倒的な存在感を放っていたライヴだった。そして、今後のポップ・ミュージックを担っていく可能性を強く感じさせるステージだった。(中略)特に最後に畳み掛けるように演奏された“Final Song”、“Cold Water”、“Lean On”というアンセム群の威力たるやすさまじく、マウンテン・ステージを埋めた多くの観客はその才能の大きさを感じ取ったはずだ。

筆者もこの場にいた一人でしたがLean Onでの盛り上がりと会場の一体感が最高でした
定評通り安定した歌声でステージの右から左、そして花道まで縦横無尽に動き回りながら牽引力のあるステージングでまた観たいと思わせるパフォーマンスを見せてくれました

2015年に行われたノーベル平和賞のコンサートでもパフォーマンスを披露した

12月11日にオスローのテレノール・アリーナで開催されたノーベル平和賞の授賞式でMØがパフォーマンスを披露している。
本名をカレン・マリー・オルステッドと言うデンマーク出身のシンガーである彼女だが、この日は白の長いガウンにグレーのファーのコートを着て、オーケストラをバックにパフォーマンスを行っている。
彼女は“New Year’s Eve”と、メジャー・レイザーとのコラボレーションである“Lean On”の2曲を披露している。

最大の魅力は声

魅力はなんと言ってもエキゾチックで切なくもパワーのある歌声。
そして、最近のポップシーンでは特殊な曲調。

特にチェックしておきたいMØの楽曲

こちらも人気DJ、Diploによるプロデュース
個性的なファッションにも注目!

内なる力や内面の輝きについて再確認し前へ進みたいという希望を込めたアンセム

大人気歌手ジャスティン・ビーバーとの楽曲
おなじみMajor LazerとDiploなど豪華なメンバーが集結

Lean Onからの最強タッグSnakehipsとの新曲「Don't Leave」

MØ本人によるエモーショナルなリリックに共感する人が続出
公開から20日程度の現在で既に再生回数は500万越え
飾らない素直な言葉に胸を打たれ何度も聴きたくなります

MØという名前の由来や意味について

名前は昔の言葉なので今は使われていないんだけど、純粋で若い、女の子を意味するの。この名前で活動しているのは、大人になっても自分のなかにある純粋な子どもの気持ちを忘れないようにするためよ。祖父がペインターで、MØという名前で活動していたということもあるので、それに決めたの。

現代的なエレクトロニックサウンドにセンシティブで瑞々しい感性と天性の歌声を合わせた楽曲の数々!今後もMØからますます目が離せません

◆その他のまとめ

1 2