1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

ハイカラな衣装にモダンな街並みが素敵すぎる!大正時代が舞台のマンガ

和洋折衷の組み合わせが、いまより鮮やかでおしゃれなんです。(夢喰見聞、椿色バラッド、鬼滅の刃、大正処女御伽話、或る日、木曜会で、おとめ妖怪 ざくろ、幻影博覧会、倫敦館夜想曲)

更新日: 2017年03月27日

sryamaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
248 お気に入り 61317 view
お気に入り追加

◎『夢喰見聞』 真柴真

時は大正末期。帝都の一角に悪夢を食らう貘がいた…。現つを離れ、人々が見たものは!?

夢喰見聞はなーーーーーーーーーーーーーーーーッッッッ面白いギミックで毎回魅せてくれる上質なミステリでもありファンタジーでもあり耽美でもありシュールギャグでもあり雰囲気漫画でもありなんかよくわからないてんこ盛りなんだけど私を大正ロマン大正義マンにした大戦犯である

#1ふぁぼごとに周辺にある漫画の53ページあたりをアップする 「夢喰見聞/真柴真」 もっと知られるべき・アニメ化して欲しい漫画。 主人公は獏。毎回人々の悪夢を解決していく…が、鬱展開・後味悪い回多し。 理由があるけど pic.twitter.com/xkZRbqmeGO

後味悪い話多いし厨二臭すごいけど大正ロマンでゾクッとくる物語の構成が半端ないのでほんと夢喰見聞おすすめ

◎『椿色バラッド』 皇ハマオ

どんなにちっぽけでもみんなの笑顔を守る…。 そんな夢見る華の女学生物語、開幕。

椿色バラッド読んでる… これぞ大正ロマンって感じだなあ。素晴らしいよ

イベ情報見て大正浪漫っぽいの好きって言ってるフォロワー多いから宣伝なんだけど、椿色バラッドを読んで欲しい……大正を舞台に女学生の快活な子が警官目指す話なんだけど……3巻しかないし……手軽だし……袴+ブーツ+制帽素晴らしいんで…… pic.twitter.com/MqVPOqI5Ve

椿色バラッド読みました お話がすごくスムーズで真っ直ぐな主人公にひかれる形で一気に読んでしまった すごくおすすめ

◎『鬼滅の刃』 吾峠呼世晴

時は大正時代。炭を売る心優しき少年・炭治郎の日常は、家族を鬼に皆殺しにされたことで、一変する。

鬼滅の刃はね…キャラクターがそもそも素敵なのよ…まともな人間が誰もいない、なにかしらネジが抜けてる…語り口が独特で展開も王道を行ってるようで独自性のある話になってる。 大正ロマンっぽいのが好きな人は絶対に見てほしい お願いです、読んで!!!!

◎『大正処女御伽話』 桐丘さな

時は大正。事故で右手の自由を失い、千葉の田舎で養生する青年・珠彦の元に夕月という少女がやってくる。引きこもりの厭世家(ペシミスト)となり果てていた珠彦だが、天真爛漫で献身的な夕月と一緒に暮らすことで、少しずつ変わっていく

俺的2016年ベスト漫画アワード ダントツ1位に急浮上した「大正処女御伽話」。もっと広まるよう願いをこめてツイートします。昔の恋愛の純粋さって凄い。そして男の理想はきっとここにある(笑) pic.twitter.com/MiYnGEjMAR

大正処女御伽話のユヅちゃんが涙が出るほど健気可愛くて雰囲気とかも大正ロマンで素敵だからオススメです

◎『或る日、木曜会で』 寺島らて

大正四年。文豪・夏目漱石宅「漱石山房」には、彼を慕う若者達が頻繁に集うようになっていた。「木曜日に集まるから、木曜会」、そんな若者達が織り成す青春微炭酸物語、始まります。

寺島らて『或る日、木曜会で。』 大正時代、夏目漱石宅に集う若き日の文豪達の姿を描く日常漫画。 登場人物は錚々たる顔ぶれですが、堅苦しいものは全く無く、肩の力を抜いて楽しめる日常ものです。

「或る日、木曜会で」は良いぞ…文豪達の青春日常系漫画でいちいち可愛いぞ…(ちょっとピンボケ)(顔面強打してるのが芥川くん) pic.twitter.com/JthHC97FqE

【或る日、木曜会で。】少し昔を生きた小説家が好きな方、大正時代の雰囲気が好きな方...とにかく興味のある方には読んでいただきたい!!日常漫画です(((o(´>ω<`)o))) pic.twitter.com/FMXQ127On1

1 2





sryamaさん

漫画や小説、映画など「エンタメ・カルチャー」をメインにまとめています。

このまとめに参加する