1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

「ホワイトハウス爆破」…過激発言のマドンナに波紋が広がっている

歌手マドンナ(58)も黒い猫耳帽姿で登場し「革命が始まる。自由に、ありのままに、平等でいられる権利のための戦いだ」と訴えた。

更新日: 2017年01月23日

27 お気に入り 138657 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

isaaccさん

○トランプ大統領に反発するデモや集会が行われている

ドナルド・トランプ米大統領(70)の就任から一夜明けた21日、ワシントンのホワイトハウスが、ピンクの猫耳帽姿の女性ら50万人に取り囲まれ、抗議の嵐に包まれた。

トランプ大統領に反発するデモや集会が行われ、参加者は女性や移民、性的マイノリティーなどの権利を尊重するよう訴え、アメリカ社会の分断が改めて浮き彫りになっています。

デモ行進の参加者たちは「私たちはトランプを恐れない」「愛は憎しみに勝る」などと叫びながら行進しています。

○歌手マドンナもに多くのセレブたちとともに参加

アメリカの歌手マドンナは、ドナルド・トランプ(DT)大統領就任式の翌日、1月21日に開催された「ワシントン・ウィメンズ・マーチ」に多くのセレブたちとともに参加した。

その中心となったワシントンD.C.でのデモで、マドンナの過激なスピーチに注目が集まった。

このデモは、首都ワシントンだけでなく、アメリカ各地で行進する数十万人の女性たちと連帯して、全米およそ370カ所に波及した。

○歌手マドンナがデモでスピーチ

歌手マドンナ(58)も黒い猫耳帽姿で登場し「革命が始まる。自由に、ありのままに、平等でいられる権利のための戦いだ」と訴えた。

数時間にわたってスピーチした有名人や人権活動家の最後にステージに上がり「ようこそ愛の革命に」と語った。

同抗議デモにはスカーレット・ヨハンソン、シャーリーズ・セロン、ケイティ・ペリーら大勢のセレブたちが続々と参加し、スピーチを行った。

○抗議活動を批判する人々に向け怒りをぶちまけた

ワシントン記念塔や、スミソニアン博物館が並ぶ一角に設けられたステージに、猫耳帽姿で現れたマドンナは、「アイアム・アングリー」と怒りをぶちまけた。

マドンナは、抗議活動を批判する人々に向け「ファック・ユー」と連呼。

トランプ大統領に対する女性たちによる抗議デモ「女性大行進」の際に、「ホワイトハウス爆破を考えた」などと述べた

○マドンナさんの発言は中継を突然中止するという事態を招いた

マドンナさんの発言は、ソーシャルメディアで非難され、テレビの複数のネットワークがライブ中継を突然中止するという事態を招いた。

CNNおよびMSNBCはマドンナが3度目の禁止用語を口にした時点で急きょ、場面を切り替えると同時に、CNNは禁止用語の放送について謝罪。

○マドンナは発言を釈明

過激なスピーチで注目を集めているマドンナ(58)が、22日、インスタグラムで長い釈明のメッセージを発表した。

「例えとして語ったのであり、(トランプ氏の大統領就任について)希望を感じる人もいれば、私が個人的に感じているように、怒りを感じている人もいるということを伝えたかった」と述べた。

1 2