1. まとめトップ

障害者手帳申請に必要なもの

例えば、東京都の場合、以下のものが必要になります。

・障害者手帳申請書
役所に置いてあるものまたは役所のホームページからダウンロードしたものに記入。

・障害者手帳用の診断書または精神障害を支給事由とした年金証書等
診断書は、精神障害に係る初診日から6か月を経過した日以後の日に作成され、作成日が申請日から3か月以内のもの。

・本人の写真
縦4センチ×横3センチ、脱帽・上半身、申請日から1年以内に撮影したもの。
写真の裏面には、氏名と生年月日を必ず記入。

・本人の個人番号確認書類
個人番号カード、個人番号の通知カード、個人番号が記載された住民票の写し・住民票記載事項証明書 等

・本人の身元確認書類
個人番号カード、運転免許証、運転経歴証明書、旅券(パスポート)、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳(愛の手帳)、在留カード、特別永住者証明書 等のうちいずれか1つ
もしくは、公的医療保険の被保険者証、年金手帳、児童扶養手当証書、特別児童扶養手当証書 等のうちいずれか2つ

代理人が本人に代わって申請する場合には、上記に加えて委任状と代理人の身元確認書類が必要です。

精神障害者保健福祉手帳の等級

1級 精神障害であって、日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度のもの(概ね障害年金1級に相当)

2級 精神障害であって、日常生活が著しい制限を受けるか、又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のもの(概ね障害年金2級に相当)

3級 精神障害であって、日常生活若しくは社会生活が制限を受けるか、又は日常生活若しくは社会生活に制限を加えることを必要とする程度のもの(概ね障害年金3級に相当)

診断書代がかかります

診断書代は自立支援の時よりも若干高め。
2年間でどれくらい元が取れるかを考えてから申請したほうが良さそうです。
例えば、無料パスで交通機関を利用しまくる予定がある人なら簡単に元は取れますが、体調が悪過ぎてどこにも行けないような人にはそこまでメリットはないかもしれません。

ちなみに、障害年金を受給するようになれば年金証書で更新できるので、診断書代はかかりません。
(自立支援の更新時には診断書は必要です)

精神障害者保健福祉手帳を持っていると受けられるサービスはこちらで紹介しています↓

いざ、役所へ!

体調の比較的安定している日に申請に行きました。
当時は3級相当の体調だったので自分で行くことができましたが、2級となった今では自分で行くのはなかなか難しく、代理の人にお願いしています。
役所は比較的すいていたこともあり、所要時間は待ち時間も含めて30分程度。
特に体調のことなども聞かれませんでした。

自治体によるのかもしれませんが、手帳が発行された際に文書で通知がある時と、ない時がありました。
体調が悪いと伝えたら送ってくれたことも過去にはありましたが、今はしていないようです。
代理の人でも受け取り可能です。

手帳のカバーは緑色

身体障害と精神障害を区別するために、カバーが色分けされています。
精神障害の場合は緑色です。
知る人ぞ知る色なので、バス運賃の割引を受けるために出している人を見ると、仲間発見!と思うことがあります(笑)。

筆者は、あまり人目に付きたくないのでカバーをはずして使っています。
見せた相手の中には一瞬、「何?」という顔をする人もいますが、叱られたことはありません。
状況に応じて、小声で「手帳持ってるんですけど」などと言うと伝わりやすいです。

この体験談の目次はこちら↓

1