1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

一度は行きたい♥北海道のブルーに輝く湖のほとりにある温泉

北海道には美しくも壮大な湖がたくさんあります。雄大な自然に抱かれる温泉で至福の時間を過ごしてみたい。。

更新日: 2017年01月26日

warabigumiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
58 お気に入り 10847 view
お気に入り追加

♥然別湖畔温泉(しかりべつこはんおんせん)

“然別湖は、大雪山国立公園唯一の自然湖で、標高810mと道内では最も高い場所にあり、最深部は約100メートル。 湖の周囲は原生林(トドマツ、エゾマツ、ダケカンバ)が取り囲み、太古の自然を今に伝えています。 ”
http://www.shikaoi.net/detail/36

“これは世界でもここだけ、冬の然別湖でしか体験できないプログラム。”http://www.tabirai.net/sightseeing/tatsujin/0000470.aspx

♥阿寒湖温泉(あかんこおんせん)

“北海道で5番目に大きい淡水湖。特別天然記念物のマリモや、ベニザケの湖沼残留型(陸封型)であるヒメマスが生息。冬は全面結氷し、ワカサギ釣り、スケート、スノーモービルなどのウィンタースポーツが盛んで、阿寒湖氷上フェスティバル・冬華火などのイベントも開催される。周囲はエゾマツ・トドマツなどの亜高山帯針葉樹林、および広葉樹を交えた針広混交林の深い森に覆われている。”https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%98%BF%E5%AF%92%E6%B9%96

阿寒湖畔に立つ老舗の公衆浴場。阿寒湖温泉の源泉を100%かけ流しで贅沢に楽しめる。昔ながらのお湯には地元ファンも多く、お湯に浮かべて楽しむマリモをかたどった「えんじゅ(延寿)の木」は触ると健康になるとも言われている。http://www.asahi-net.or.jp/~ue3t-cb/spa/marimoyu/marimoyu.htm

湖畔にはいまでも温泉が湧き出ているところがある。この近くには泥湯のような湯沼「ボッケ」がある。

もともと神秘的ですが冬の夕暮れ時はその神秘性が更に増します。凄く寒いので温かい格好で行くのが良いです。

♥支笏湖温泉(しこつこおんせん)

支笏湖は北限の不凍湖としても有名で、独特な濃紺の水面は訪れる人々を魅了しています。

http://www.marukoma.co.jp/
全国でも約20か所しかないといわれる、足元湧出湯の天然露天風呂。浴場と湖を岩場で隔てただけの野趣あふれる露天風呂。湯の深さが季節によって上下し支笏湖の水位と同じなのだそう。約50度の源泉が玉砂利が敷かれた足元から湧出。
日帰り・大人(中学生以上) 1,000円

熱い時、ぬるい時、天候や季節にあわせ、湖に繋がる水門に敷いた砂利の高さで温度を調整しています。湯面は、透明度の高い支笏湖の水位と同じ。

♥洞爺湖温泉(とうやこおんせん)

地元民にも愛される自慢の温泉。内湯のみですが「源泉100%かけ流し」。ここには露天はなくアツ湯とヌル湯の2つの湯ぶねがあるだけ。http://daiwa-ryokan.jp/guidance/

今もなお白い噴煙を上げる火口があり自然の持つエネルギーを実感できる洞爺湖温泉。

南には有珠山、北には羊蹄山と、眺望の美しさは例えようがありません。湖畔は温泉街としても賑わっており、最近はインバウンド客が大勢訪れています。

▼こちらも参考に!

1 2





warabigumiさん