1. まとめトップ

ハゲたくないなら知ろう! AGAの進行速度やパターンについてまとめてみた

薄毛は男性にとって切実な悩み。『出来ることならハゲたくない!』と思う方も多いのではないでしょうか?そこで、大切なのは薄毛について知ることです。

更新日: 2017年01月24日

5 お気に入り 1757 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

wnxkmxsさん

AGAってどんな病気?

AGAとはAndrogenetic Alopeciaの省略で、訳すと男性型脱毛症という意味になります。
男性ホルモンや生活習慣が原因となり、髪が薄くなってしまうのです。

「AGA」に罹患している方は、全国に1,000万人以上いると考えられています。AGAは日に日に進行していく症状ですので、早めにケアする必要があります。

総人口の1/10!!

AGAは進行性のため、放置し続けると髪の毛は減少を続け、徐々に頭部の毛髪が薄くなります。薄毛の進行を抑えるためには、早めのケアが不可欠です。

AGAの進行スピードについて

進行スピードについては人それぞれ。
2~3か月で急に髪が薄くなる方もいれば、ゆっくりと薄くなっていく方もいます。共通して言えることは、放置すれば確実に進行することです。

直近2~3か月で急に髪が薄くなったことに気づく人もいれば、進行がごくゆっくりだったために数年前の写真を見て初めて、現在の自分の髪がずいぶん減っていたことに気づく人もいます。

進行がゆっくりだからといって、「まだ大丈夫」と放置していても良いことはありません。

AGAの進行パターンについて

AGAの進行パターン下記の3つです
①額の生え際から進行するAGA
②前頭部から進行するAGA
③頭頂部から進行するAGA

M字型の薄毛がこのタイプ。剃り込みの部分からどんどん薄毛が進行していきます。

額の生え際から進行するAGA

AGAの中で最も多いのがこの前頭部からのパターン。前髪が段々と薄くなるのが特徴です。

前頭部から進行するAGA

AGAの進行パターンの中で、前頭部の次に多いのが、この頭頂部から進行するパターン。つむじあたりの毛髪が徐々に抜けていくのが特徴です。

頭頂部から進行するAGA

AGAかどうかを判別するには?

一番は病院で検査することです。近年は自宅でできるAGAの遺伝子検査などもあるので、そういったものを利用するのもいいでしょう。
またネットでできるセルフチェックで見てみるのも参考になります。

遺伝子検査で「薄毛になりやすい体質か」をチェックし、その結果に応じた対応・治療が効果的ですので、薄毛が気になる方はまず遺伝子検査を受けてみましょう。

まず検査キットを注文し、自宅に郵送で検査キットが届きます。その中に入っている綿棒でほおの内側の粘膜をこすり取り、専用の容器に入れて返送すると、専門の機関で遺伝子検査を行ってくれ、2~3週間で結果を教えてくれる仕組みになっています。毛髪により検査を行うところもあるようですが、検査結果は変わりません。

自宅でできるAGAの遺伝子検査

1