1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

バレンタインはチョコーレート映画がおすすめ♡もう一度見たい5選

バレンタインが近くなると見たくなる。チョコレートが美味しそうな映画もいいですね~どんな場面のチョコか覚えていますか?Chocolat、恋は邪魔者、チャーリーとチョコレート工場、恋するショコラ 、幸せのショコラ

更新日: 2017年03月03日

pinkswan999さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
121 お気に入り 23729 view
お気に入り追加

もうすぐバレンタイン♡気分を盛り上げる映画もいいね~

ファンタジー映画「Chocolat」  2000年公開

見たこともない美味しそうなチョコレートで溢れた店、人々は自分の好みにピタリとあわせて勧められるチョコレートにすっかり虜となる。

「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」「サイダーハウス・ルール」のラッセ・ハルストレム監督がジュリエット・ビノシュ、ジョニー・デップ主演で描く愛のファンタジー。

『ショコラ』は、2000年のアメリカ映画。ジョアン・ハリスの同名小説を映画化。

『Chocolat(ショコラ)』フランス映画かと思いきやアメリカ映画。2000年の作品。 凄く魅力的な寓話でした。ハッピーエンドでモヤモヤしないのも良かったです!笑 ジョニー・デップはチョコが苦手で撮影は拷問だったそうですが…;;笑 pic.twitter.com/d7DLydHIFg

バレンタインの季節になるとショコラが観たくなる~~~チョコレートで人と人を繋いで幸せにしてくれる魔法の映画~~~~~~~~~

おいしい幸せ、召し上がれ。すべての人を幸せにしてしまう不思議なチョコレートを売る母娘の物語。

おしゃれなラブコメ!「恋は邪魔者」 2003年公開

60年代に人気を集めたドリス・デイとロック・ハドソンのロマンチック・コメディをオマージュした作品なのだとか。

1962年のニューヨーク。新進の女流作家バーバラ・ノヴァクは女性解放を謳った自著『恋は邪魔者』を出版するためこの街へとやって来た。

1962年のニューヨークが舞台なのでレトロな服装が、とてもとても、本当にそれはもうカワイイのです!!!

個人的に恋は邪魔者が結構面白くて何度も繰り返して見ていた!

恋は邪魔者みました( •ᴗ•)♡ 昔の映画っぽい感じでレトロ可愛かったです✩*॰¨ ユアン・マクレガーかっこよかった。ハンサム。好き。遊ばれてもいい«٩(*´ ꒳ `*)۶»

ちょっと怖いファンタジー、チャーリーとチョコレート工場 2005年公開

鬼才ティム・バートン監督とジョニー・デップがタッグを組み独特の世界観を作り出した。

ついに工場が動き出した、しかも5人の子供達をチョコレート工場へと招待するという「金のチケット」入りチョコレートを作り上げたのだ。

大きなチョコレート工場で毎日沢山の人達が沢山のチョコレートを作っていたが、ある日突然全ての人が解雇になりチョコレート工場も閉鎖された。

チャーリーの住む町には世界一のチョコレート会社「ウォンカ」の工場があり、祖父はかつてそこで働いていたというのだが、現在は人が出入りする様子は見えない。

チャーリーとチョコレート工場見てるんだけどチケットあてた瞬間のチャーリーとおじいちゃんが本当にうれしそうでこっちまでうれしくなる心臓痛い

「恋するショコラ 」 2007年公開

みんな大好きチョコレートをメインに、2人の甘く柔らかな恋は、すこしづつ固まってゆく…。

1 2





pinkswan999さん

ストリートファッション&アレンジを中心に紹介しています♪素敵なアクセサリーやファッションアイテムもすこしづつですがアップしますね♪。お気に入り登録していだければ、励みになります。よろしくお願いします。

このまとめに参加する