1. まとめトップ

「昭和元禄落語心中」の石田彰の「居残り」が複雑怪奇で凄すぎた

2017年1月より2期の放送がスタートしたTVアニメ「昭和元禄落語心中-助六再び篇-」で、声優の「石田彰」さんが演じる年老いた「八雲師匠(有楽亭八雲)」。アニメ3話で「八雲師匠」が演じた落語「居残り」の演技があまりに複雑怪奇でスゴイと大絶賛。

更新日: 2017年01月25日

14 お気に入り 93677 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

「え~遊びにも上・中・下とございまして。
上というのは廓へは来ない客。
上は来ず中は昼来て昼帰り、下は夜来て朝帰り…」

「昭和元禄落語心中-助六再び篇-」3話に登場する「居残り」

落語心中3話見たけど石田彰がまた化け物だった…なんだあれ…

石田彰ほんと頭おかしいんじゃねぇの(居残り聞いた)

昭和元禄落語心中、八雲師匠の『居残り』圧巻だった。石田彰さんやっぱ凄すぎるよ

「居残り(居残り佐平次)」とは

「居残り佐平次(いのこりさへいじ)」とは、古典落語の演目の一つ。
「石田彰」さん演じる「八雲師匠」は、まだ自分の落語を確立していない「関智一」さん演じる弟子の「与太郎(三代目助六)」に、この「居残り」をやるよう命じる。
「あれはてめぇの我が出やすい。我を引き出すには佐平次って男はうってつけだ。
あの演じ分けをやってごらん」
しかし、この「居残り」を教えられる巧い師匠が今はいない…??

右を向いても左を向いても貧乏人が集まったとある長屋。その輪にいた佐平次という男が「品川宿にある遊郭に繰り出そう」と言い出した。金もないのにどうやって?と思いながらも一同、品川へ。 一泊して後、佐平次は「実は結核に罹って医者から転地療養を勧められていた。だからここに残る」と言い出し、ほかの仲間を帰した。 その後若い衆に「勘定はさっきの仲間が持ってくる」といい居続け。翌日も「勘定勘定って、実にかんじょう(感情)に悪いよ」とごまかし、その翌日も居続け、しびれを切らした若い衆に、「あいつらなんて知らないよ」「金?持ってないよ」と宣言。店の帳場は騒然。 佐平次少しも応えず、みずから店の布団部屋に篭城した。

八雲師匠も諦めて手放したという噺。しかし…?

諦めた噺のハズが、与太郎を直接指導することに…?

凄すぎて泣いた

泣くような話だったのかと聞かれればそうではなくて、石田彰の「居残り」が素晴らしすぎて泣いた。

はあ…落語心中3話泣いてしまった……なにがすごいって八雲師匠がすごいのか石田彰がすごいのかわからなくなっちゃうのが…ああ〜泣けるなぁ助六…

落語心中、最後の居残り佐平次のところ泣けちゃった。石田彰さん尊敬するわ。

八雲が演じた「居残り」とは?

落語心中3話見たんだけど、助六が演じた落語を演じる八雲(老人)を演じる石田彰は何者なんだ…………

そういや「居残り」、一期で助六がやってたな 石田さん、山寺さんの演じる「助六師匠の居残り」を演じてるのか、すげえ つまりだ、石田さんは「助六師匠が演じる『居残り』をまるまるトレースして演じる老齢の八雲師匠」を演じてる事になるんすよ 石田彰がいかに卓絶した声優なのかがよく分かる

昭和元禄落語心中-助六再び篇-第3話、とんでもないものをみた。 これまで青年・初老・老年期を演じ分け、そこに落語の登場人物(特に女形は艶があって美しい)まで演じ分けるという凄さは皆周知の事実だけど、更には落語スタイルの全く違う助六さんの"居残り"まで演じきるとは…石田彰、怪物。

それは「助六」の「居残り」だった…!

山ちゃんが演じた落語をそのまま山ちゃんが演じている風に完コピする石田彰の演技力に息を呑む落語心中第三話

なんと「居残り」を得意としていた、亡き盟友「助六」の居残りを完コピで披露する八雲!
1期で「助六」役の「山寺宏一」さんが披露してました。

八雲老人を演じながら助六の落語をコピーするという離れ業

何を言ってんだかわからねーと思うが俺にもようわからん。

今週も落語心中素晴らしかったですね。噺の中の複数の登場人物を演じ分ける助六を演じる八雲のさらに老人としての芝居をする石田彰意味分からなくて凄すぎ。

#落語心中 「山寺宏一の中年の役の落語の演技を石田彰が老人の声でやる」 もう何がなんだかわからねえことになっていますぜ… 落語家も声優も声と喋りが商売道具 あの一隻で石田彰の底がまた少し見えたような見えないような… やっぱ見えねえや!

昭和元禄落語心中第二期、終了。ヤクザの親分に啖呵を切って、壁を超えた与太郎に思わぬご褒美。与太郎の命懸けの落語が見せ場……と思わせて最後にもっと恐ろしい命懸けを持ってきた。老人になった身で自分と正反対だった男の全盛期を完コピする超絶技巧……を演じる石田彰。死神すら超えてる。続く。

今回の落語心中は八雲が助六の居残りを語るシーンがあるのだけど、石田彰さんは老いた八雲を演じながら助六の居残りを演じ、さらに居残りの中の3役ぐらいを演技するってもう凄過ぎでよくわからなくなってきた。。 pic.twitter.com/v5PaiXfPXr

1 2 3 4