1. まとめトップ

2017話題!! まだ間に合う「手作り」バレンタインおすすめキット10 友チョコ義理チョコばらまき用

女の子がいる家庭ではお母さんを悩ませる年一のイベント 「バレンタインデー」。材料を集めて手作りする時間も料理センスもない親にとってはありがたいアイテム、選りすぐりの手作りキットをご紹介します。

更新日: 2017年02月04日

4 お気に入り 15181 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

●そもそもバレンタインってどんな行事??

バレンタインデー(英: Valentine's Day)、または、聖バレンタインデー(せいバレンタインデー、英: St Valentine's Dayは、2月14日に祝われ、世界各地でカップルの愛の誓いの日とされる。もともと、269年にローマ皇帝の迫害下で殉教した聖ウァレンティヌス(テルニのバレンタイン)に由来する記念日だと、主に西方教会の広がる地域において伝えられていた。

日本では製菓業界の戦略によるところが大きいようですね。とはいえ、愛する人やお世話になった人へ贈り物をする日には間違いないようです。

●親をも悩ませる〇〇チョコ制度

恋人同士ならわかります。しかしながらバレンタインデーはもはや恋人同士だけのイベントではありません。学校の友達、習い事先の友達、ご近所の友達、お世話になった人、職場・・・。本命チョコ、義理チョコ、友チョコ、世話チョコ、もはや男性から送る「逆チョコ」なんていう存在も。
本命よりもこちらのシェアのほうが大きそうですね。

●大人と子どもじゃこんなに違う。バレンタインは手作り派?購入派?

社会人にとってはお金で解決するほうが当たり障りがないのかもしれません。

2016年調査によると、子どもが小さいうちは手作り派がなんと半数。お母さんと一緒に作ったり、仲の良い友達同士で交換して楽しむイベントのようですね。

●今年は平日バレンタイン メディアも大注目 子どもバレンタイン 友チョコはやっぱり手作り

女の子は生まれた時から女子。誰に教わるでもなく、ピンクやハート、かわいいものが大好き。友達がかわいいものを持っていたら自分もほしくなっちゃうんです。年に一度のバレンタインも女の子としての闘志がメラメラわいてくるもの。かわいいもの、自慢できるもの、おしゃれなものを追求するにはやっぱり手作りチョコでなくてはいけないのです。

とはいえ、親としては気になるコスパ。材料から集めて作るのもいいけどキッチンがめちゃくちゃになったり、ましてや失敗は避けたい。そんな親心をカバーできるのがキット。必要な材料は入っているし、大きな失敗もないはず。そんな選りすぐりの10選を集めました。

ハート型

チョコを溶かして型に入れるだけ。簡単なのに本格的なチョコが完成します。

価格 1,480円 (税込 1,598 円) 送料別
1個当たり 約82円(税抜)

生クリームを加えて固めるだけ。かわいいデコタルトができます。

価格 1,080円 (税込 1,166 円) 送料別
1個当たり 約180円(税抜)

デパートのスイーツ店に並びそうなクオリティなのにチョコを流し込むだけで簡単にできます。

価格 750円 (税込 810 円) 送料別
1個当たり 約62.5円(税抜)

イラストがプリントされた型に流し込み冷やすだけ。小さなお子様でも安心して作れます。

価格 750円 (税込 810 円) 送料別
1個当たり 約83円(税抜)

アニマル

コスパ最強。くすっと笑える動物クッキーが作れちゃいます。

価格 1,340円 (税込 1,447 円) 送料別
1個当たり 約33.5円(税抜)

キュートなネコちゃんのチョコが簡単に出来上がります。

価格 750円 (税込 810 円) 送料別
1個当たり 約62.5円(税抜)

白くてふわふわのイメージのシロクマ。ポーラーベアの愛称であの世界的に有名な炭酸飲料のキャラですね。

価格 750円 (税込 810 円) 送料別
1個当たり 約62.5円(税抜)

ロリポップ

パーツも作れるモールド付き。食べるのがもったいないくらいのかわいいチョコができます。

価格 1,280円 (税込 1,382 円) 送料別
1個当たり 約160円(税抜)

ブラウニーを焼いてデコレーションすれば、ちょっと大人なスティックチョコに変身。

価格 1,080円 (税込 1,166 円) 送料別
1個当たり 約90円(税抜)

キャラクター

大人にも人気の定番リラックマ。

価格 800円 (税込 864 円) 送料別
1個当たり 約66.6円(税抜)

リラックマの顔がずらりと並んでとってもかわいい。

価格 800円 (税込 864 円) 送料別
1個当たり 約66.6円(税抜)

●手作りするときのマナー/注意点

渡すのはこどもだけど、今後のお付き合いもあります。親子ともども末永くお付き合いしているため、楽しいイベントが残念なことにならないようこれだけは守っておきたい点をまとめました。

1 2