1. まとめトップ
  2. カラダ

今さらだけど…それ間違ってない?冷え性の服装はポイント4つ

冷え性は特に女性に多いですね。いまさらですが、その服装は大丈夫?我慢したファッションも少しの工夫をしてみましょうね。早めにカラダのケアをしましょうね。

更新日: 2017年03月13日

pinkswan999さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
166 お気に入り 136513 view
お気に入り追加

この季節冷え性はつらい。

冷え性は女性に多い症状です。個人差はありますが、女性の半数から7割近い方が冷えをつらいと感じています。

冬も夏も冷え性で悩む女性は多い…

冷え性によって色んな悪影響も…改善しましょう

冷え性は血行不良が要因。放置すると冷え性が悪化して、代謝が落ちるなど美容健康にも悪影響が!

冷えは「万病のモト」と言われ、様々な体調を崩す原因とされているので日頃から対策をしておくべきです。

▼重ね着だけじゃない!服装を見直して対策をしましょう!▼

基本はなるべく“3つの首”を温めて冷え性対策!

ただ重ねただけでは暖かさはキープできないのです。いかに自分の体温を逃がさないようにするかが冬の寒さを乗り越える重ね着のポイント。

3つの“首”とは、首・手首・足首のことで、3箇所とも皮膚と動脈の距離が近い場所です。

冷えてしまうと全身に冷えた血液がまわってしまい、体温が下がってしまいます。

外気の冷えに影響されがちな3つの部位を暖めることで、全身に血液が循環しやすくなり、キンキンに冷えたカラダを温めることができます。

温め方としては、首にハイネックやマフラー。

「手首」も多くの血管や神経が通っているので、冷やさないようにすることが重要です。

首には大きな動脈が通っているので、首を保温すると血行がよくなり、温かい血液が身体中を巡ります。

外に出る時は厚手のタイツや靴下を着用して冷えを防ぎましょう。

足先は身体の中でもっとも血流が悪く、冷えやすい。保温性の高いタイツやレッグウォーマー、足首ウォーマーでしっかり保温しよう。

締め付けの強い服装は避けたほうがいいよ。

からだを締め付けるということは、血流循環を妨げるので血行が悪くなり冷えを呼び込みます。

女性のファッションが、冷え性の原因になっていると考えられるのがぴったりとした洋服です。それに、ガードルなどの体を締め付ける下着も冷え性の原因と考えられます。

血行が悪くならないように、肌着との間に若干の隙間ができるサイズ

1 2





pinkswan999さん

ストリートファッション&アレンジを中心に紹介しています♪素敵なアクセサリーやファッションアイテムもすこしづつですがアップしますね♪。お気に入り登録していだければ、励みになります。よろしくお願いします。

このまとめに参加する