1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

■江角マキコ氏が2017年1月23日 芸能界引退を発表

■ことの発端は…

24日に発売する一部の女性週刊誌で江角の不倫が報じられることをうけたもの。「不倫相手とされる方は、投資金の返金交渉の相手役」で、交渉のために会っており、不倫関係ではないと否定。「事実無根の報道に対しては、法的措置を準備中」としている。

出典江角マキコ、芸能界の“電撃引退”を発表 女性自身の「不倫スクープ」を潰す狙いとの声も…

■引退発表のコメント全文、要約すると…

▽離婚について

夫との別居は事実としたが、「あくまで双方の仕事や生活スタイル上の便宜のため」で、夫婦関係が悪化した理由ではなく、離婚する予定もないという。

出典江角マキコ、芸能界の“電撃引退”を発表 女性自身の「不倫スクープ」を潰す狙いとの声も…

▽引退について

一方、「芸能活動を引退させていただく所存であることは事実」としたうえで、その理由については「子供の誕生も成長も、仕事をしながら歩んで参りましたので、今は一度立ち止まり、子どもたちのために、今私にしかできないことを選択し専念する時期だったと考え、このような決断に至りました」と説明している。

出典江角マキコ、芸能界の“電撃引退”を発表 女性自身の「不倫スクープ」を潰す狙いとの声も…

■1月26日のバイキングではそんな江角に関して討論が行われた

この日発売の女性誌「女性セブン」で「このインタビューが正真正銘、最後の仕事になります」とし、自身が被害者だった投資詐欺事件の加害者男性・A氏との不倫疑惑や夫との離婚への動きなどを全面否定した江角。

MCをつとめる俳優でタレントの坂上忍(49)が番組冒頭、「江角は火曜バイキングで仲間でしたから。本当にびっくりしました。引退という結論が極端過ぎちゃって」と、江角が2015年まで約1年間、「バイキング」にレギュラー出演していたことに触れ、討論スタート。

不倫疑惑についても「こんなに著名な方が直に(詐欺事件の加害男性と)会うかな。加害者と被害者が会わないでしょ」と疑問を呈し、一部で報じられた家族旅行での「6時間不倫」についてもコメンテーターの薬丸裕英(50)の「もし、そんなことがあったら(江角は)相当なゲス女ですよ。家族旅行で…」という意見に「そうだよね~」と同調した。

また、江角とA氏の不倫関係を認める発言をしている江角の夫でフジテレビのゼネラルディレクター・平野眞さん(51)についても
「僕も記事を見たけど、江角に比べて、だんなさんの方が(情報を)隠す理由がないんだよね」と述べた坂上。平野氏が「子どもたちのためにも一刻も早く目を覚まして欲しい」と江角に訴えかけている点に触れ、「もし(A氏に)洗脳されているなら子どもたちがかわいそう」と江角と2人の子供の現状を思いやった。

■江角マキコのおかしな点

番組では、芸能界を引退した江角さんが「最後のインタビュー」として週刊誌に告白した記事を特集。その中で、金銭トラブルの加害者であるA氏の自宅に行っていることに対して、弁護士の指示で会いに行っていると説明していることも取り上げた。

これにかみついたのが江川氏。「弁護士から言われたから私が会いに行くんだと…。これはあり得ない!」と呆れたようにコメント。MCの坂上忍も「著名な方が直に会うというのは…」と首を傾げると、江川氏は「この弁護士の先生、おかしいですよ。あり得ないですよね?普通は弁護士さんが代理人として交渉しますよね?」と吐き捨てた。

これを聞いた弁護士の清原博氏も「まったくその通りなんです」と江川氏の意見に同調。「弁護士は守秘義務があるから、こう言われても何も反論できない。もしかしたら江角さんはそれをわかっていて弁護士をうまく利用しているのかもしれない」との見解を示していた。

1