1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

都内でイタリア料理紀行!イタリア郷土料理が楽しめる6つのレストラン。

イタリアまで飛行機で12時間。各地方の美味しい料理を食べるとなるとさらに時間が必要。けれど都内には本場イタリア料理が食べられるレストランがある。そんな一度は行ってみたい都内の本格的イタリア郷土料理が食べられるおすすめなレトランについて。

更新日: 2017年01月27日

JPNMILANOさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
50 お気に入り 9095 view
お気に入り追加

《渋谷》タロス (Tharros)

港町にある食堂のような活気あふれるタロスでは、魚介や羊肉を使った料理を中心に、自然と一体となって生活する島の人々の食卓を再現した素朴な味を楽しめる。

[月~金]
11:30~15:30(L.O.14:00)
18:00~24:00(L.O.22:30)
[土・日・祝]
12:00~15:30(L.O.14:30)
18:00~24:00(L.O.22:30)
ランチ営業、夜10時以降入店可、日曜営業

前菜の盛り合わせは、ひしこいわしのマリネや、タコのサラダなど、7-8種類が、小皿に盛られており、どれもなかなかのレベル。

羊肉はマトンでしたが、ナイフを使わずともホロホロで柔らか。羊肉独特の臭みもほとんど無く、美味しかったです。オレンジが添えてあるので、それで味を変えて食べてみたら、これまた美味しい。

フレーグラというクスクスよりも粒の大きいパスタのお料理。貝類とチェリートマトのフレーグラ。初めて食べるパスタ。貝のスープで茹で上げるのかな?とパスタなのか具なのかわからないけれど何ともワインが進む進む。

《中目黒》ティ ピッキオ(Ti picchio)

目黒川沿いのナポリ、アマルフィ料理店。現地で学んだシェフ、ソムリエの夫婦が郷土の味をテーマに本場の料理、ワインやアマルフィにお越しいただいているような雰囲気をお伝えします。

サンダニエーレ産生ハム、鰯のマリネ、カリフラワーのマリネ、レバーペースト、ナス。しょっぱなから お酒の進む前菜盛り。

アクアパッツァは普段好んで、進んで頂かないのですがとても美味しかった。魚の旨味を閉じ込め、イモの溶け出した澱粉をキャッチするオイル。アクアパッツァバンザイ(^ー^)ノ

《広尾》アンティキサポーリ (Antichi Sapori)

「プーリア料理」はまだ日本で聞きなれないお料理ですが、「前菜がわんこそばのように次から次へと出てくる」のが特徴。お野菜を中心にした前菜が約10種も味わえるので、とてもヘルシーで楽しいお食事。

アクアサーレ。冷たいサラダで、中に氷まで入っていました。 バゲット、レッドオニオン、トマト、キュウリなど。

パスタも自家製でグーでしょ☆とにかく ワクワク楽しくCPも良い 誰にも教えたくない お店でした。

《白金高輪》ロッツォシチリア (ROZZO SICILIA)

シチリア料理のお店、「ROZZOSICILIA(ロッツォシチリア)」。渋谷の人気イタリアン、「ドン・チッチョ」出身のシェフが、満を持して独立した、注目店。

1 2





JPNMILANOさん

デザインとグルメ、猫のまとめを中心にやっていきます。