1. まとめトップ

【EXCEL】エクセル小技~グラフの近似曲線の式をセルに出力【多項式近似編】~

EXCELのグラフツールの近似曲線。グラフの式をセルに出力して別の場所に使いたい!そういった声にこたえるEXCEL小技です。

更新日: 2018年08月22日

6 お気に入り 130928 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

(追加)指数近似・累乗近似はこちら

一次曲線y=axのときは、SLOPEとINTERCEPTで、二次曲線以上はINDEXとLINEST関数で!

■ 一次曲線 y=ax+bのとき

aは =SLOPE(yの範囲,xの範囲)
bは =INTERCEPT(yの範囲,Xの範囲)

aは =SLOPE(yの範囲,xの範囲)
bは =INTERCEPT(yの範囲,Xの範囲)
でOK!
例:
aの項=SLOPE(B2,B19,A2:A19)
bの項=INTERCEPT(B2,B19,A2:A19)

■二次曲線 y=ax^2 + bx + c のとき

aは=INDEX(LINEST(yの範囲,xの範囲^{1,2}),1,1)
bは=INDEX(LINEST(yの範囲,xの範囲^{1,2}),1,2)
cは=INDEX(LINEST(yの範囲,xの範囲^{1,2}),1,3)

aは=INDEX(LINEST(yの範囲,xの範囲^{1,2}),1,1)
bは=INDEX(LINEST(yの範囲,xの範囲^{1,2}),1,2)
cは=INDEX(LINEST(yの範囲,xの範囲^{1,2}),1,3)
でOK!
例:
=INDEX(LINEST(B2:B19,A2:A19^{1,2}),1,1)
=INDEX(LINEST(B2:B19,A2:A19^{1,2}),1,2)
=INDEX(LINEST(B2:B19,A2:A19^{1,2}),1,3)

■三次曲線 y=ax^3 + bx^2 + cx + d のとき

aは=INDEX(LINEST(yの範囲,xの範囲^{1,2,3}),1,1)
bは=INDEX(LINEST(yの範囲,xの範囲^{1,2,3}),1,2)
cは=INDEX(LINEST(yの範囲,xの範囲^{1,2,3}),1,3)
dは=INDEX(LINEST(yの範囲,xの範囲^{1,2,3}),1,4)

aは=INDEX(LINEST(yの範囲,xの範囲^{1,2,3}),1,1)
bは=INDEX(LINEST(yの範囲,xの範囲^{1,2,3}),1,2)
cは=INDEX(LINEST(yの範囲,xの範囲^{1,2,3}),1,3)
dは=INDEX(LINEST(yの範囲,xの範囲^{1,2,3}),1,4)
でOK!

例:
=INDEX(LINEST(B2:B19,A2:A19^{1,2,3}),1,1)
=INDEX(LINEST(B2:B19,A2:A19^{1,2,3}),1,2)
=INDEX(LINEST(B2:B19,A2:A19^{1,2,3}),1,3)
=INDEX(LINEST(B2:B19,A2:A19^{1,2,3}),1,4)

■ 四次曲線以上のとき

同じ法則でどんどんかけてしまいます!

例:y=ax^4 + bx^3 + cx^2 +dx +e
=INDEX(LINEST(B2:B19,A2:A19^{1,2,3,4}),1,1)
=INDEX(LINEST(B2:B19,A2:A19^{1,2,3,4}),1,2)
=INDEX(LINEST(B2:B19,A2:A19^{1,2,3,4}),1,3)
=INDEX(LINEST(B2:B19,A2:A19^{1,2,3,4}),1,4)
=INDEX(LINEST(B2:B19,A2:A19^{1,2,3,4}),1,5)

以上のように、EXCELの近似式をセルに表示させることができます。
ちょっとした小技のご紹介でした。

1