1. まとめトップ

【アイドルマスター】今更だけど「アイドルマスター」シリーズを観る順番を整理してみた(アニメ)

アイドルマスターシリーズを観る順番を整理してみた。これから<アイドルマスター>シリーズを観る人の役に立てれば幸いです。

更新日: 2017年01月27日

1 お気に入り 55986 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

BAKI_Tさん

<概要>

当まとめは、これからアイドルマスターシリーズ(アニメ)を観るからかた向けです。
結論から言って、

①"THE IDOLM@STER(アイドルマスター)"
②”THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!"
③"アイドルマスター シンデレラガールズ"   ※ 完全に別の物語です。

の順番で観ることをお勧めします。

注意事項として、"アイドルマスター XENOGLOSSIA"はアイドルマスターシリーズという括りですが、観る必要無しです。

<略称>

覚えとこう♪

"THE IDOLM@STER(アイドルマスター)" ⇒通称”アイマス”
"アイドルマスター シンデレラガールズ" ⇒通称"デレマス"

1.THE IDOLM@STER (2011年放送) 全26話

<あらすじ>
「765プロダクション」の芸能事務所を中心に、そこに所属するアイドルたちの群像劇のような形で描かれた作品で、雑居ビルの3階に事務所を構える「765プロダクション」に所属するアイドル候補生たちが、一人前のアイドルへと成長していくさまを描いていきます。

2.THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ! (2014年放送) 全1話(劇場版)

タイトルの通り、THE IDOLM@STERの劇場版となります。
THE IDOLM@STERの続きものとなります。

<あらすじ>
アニメ版「アイドルマスター」からしばらく後。トップアイドルに向けてそれぞれの道を歩みはじめた765プロアイドルたちのセカンドステージの第一歩として、天海春香をリーダーとして、夢のアリーナライブを決行することをプロデューサーが発表する。ライブに向けて多忙を縫って765プロアイドルたち全員が揃い、新人アイドル勢と一緒になってライブ合宿が始まる。

3.アイドルマスター シャイニーフェスタ 全3話 OVA

忘れてました。。こちらはTHE IDOLM@STERシリーズのOVAで、続きものでは無いです。
なので、「1.THE IDOLM@STER (2011年放送)」をご覧になったあとであれば、いつでもOKです。

<あらすじ>
今回のゲームのために製作されたアニメで、それぞれ3種類の違う物語が制作されており、南国リゾートを舞台とし、そこで行われる音楽祭に参加しライブを成功させる話。

3.アイドルマスター シンデレラガールズ (2015年放送) 全25話 + OVA一話

"THE IDOLM@STER(アイドルマスター)"と"アイドルマスター シンデレラガールズ"は別物です。アイドルマスター シンデレラガールズを後に置いた理由は、単純に放送日が後であったためです。

逆に"アイドルマスター シンデレラガールズ"シリーズを先に観るのもありです。

<あらすじ>
デレステでも起動時のトップ画面に現れる「島村卯月、渋谷凛、本田未央」の三人をメインキャラクターとして扱い、346プロダクションのアイドルたちの活躍が描かれた作品です。

もちろん他のキャラクターもスポットを当てることがあります。

(おまけ①)ぷちます!  シリーズ

THE IDOLM@STERのスピンオフです。こちらは観ても観なくてもどちらでもOKです。
THE IDOLM@STERが好きになった際は是非に。

<概要>
「ぷちどる」という、アイドル達にそっくりな姿をした謎の生き物と765プロのアイドル達の日常風景がゆるいノリで描かれる4コマ漫画。
なお、ぷちどる達の初出はふたば☆ちゃんねるおよび明音が個人サイトで不定期に連載している4コマ漫画で、明音の二次創作だった[注 1][1]。『涼宮ハルヒの憂鬱』の二次創作から公認化された『にょろーん ちゅるやさん』に近い公認経緯を持つ作品であるといえる。
スピンアウト作品だがバンダイナムコエンターテインメントの公認作品であるため、単行本には「PROJECT IM@S」のロゴも入れられており、2巻以降は2nd Visionのロゴマークになっている。ゲーム版『THE IDOLM@STER SP』にぷちどる達がアクセサリーとして登場したほか、アイドルマスターの携帯サイトであるアイドルマスターモバイルでも、本作のコンテンツが配信内容に加わっており、他のコミック版アイドルマスターにない独自の展開を見せている。グッドスマイルカンパニーからトレーディングラバーストラップが商品化されたこともある。

1 2