1. まとめトップ

ドラマ化決定!『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』が楽しみ過ぎる

4月からTBS/MBSの「ドラマイズム」枠ほかにて、千葉雄大が主演を務めるドラマ「ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」の放送が決定した。「ファイナルファンタジーシリーズ」を題材にした、初の実写化作品となる。

更新日: 2017年02月23日

gpc___1さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 4475 view
お気に入り追加

〇『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』のドラマ化が決定

ドラマの原作となるのは、さまざまなジャンルのオンラインゲームやプラモデルなどを題材とするブログ「一撃確殺SS 日記」の記事の一つである「光のお父さん」。

同作は、オンラインゲーム「ファイナルファンタジーXIV」をプレイする親子の実話をベースにした、プレイヤーのブログをドラマ化。なお同作は、「ファイナルファンジーシリーズ」を題材にした初の実写化作品となる。

〇主演は“千葉雄大”

生年月日:1989年3月9日
出生地:日本・宮城県
身長:173 cm
血液型:O型

千葉は、仕事にゲームに奮闘する等身大の若者を熱演。オンラインゲームのリアルなプレイヤー像を提案する。

野口照夫監督は「繊細さと、意志の強さ、両面を兼ね備えているキャストが必要でした。千葉さんなら絶対にハマると確信しての起用です」と語る。

〇父親役に“大杉漣”

生年月日:1951年9月27日
出生地:日本・徳島県
身長:178cm
血液型:B型

仕事一筋で60歳を超えてからオンラインゲームにハマる父親を大杉連が演じ、互いに「秘密」を抱えながら、ゲームを通して距離を縮めていくヒューマンドラマとなっている。

父親役の大杉とは初共演だが、「すごく優しくて。撮影の合間も音楽の話をしたり、手品を教えてくれたり…」と、実の息子のようにかわいがってもらい、劇中以外でも絆を育んだ。

〇ヒロインは"馬場ふみか"

生年月日:1995年6月21日
出生地:日本・新潟県
身長:167cm
血液型:AB型

馬場が演じるのは、アキオが務めるコピー機を扱う会社の新入社員で会社の中ではマドンナ的な存在。制服に身を包み、爽やかでキュートなOLを好演している。

馬場は撮影について「現場は和やかな雰囲気でやらせていただいたので、楽しく、皆さんに助けられて演じられたと思います」と振り返った。

ふたり演技について野口監督が「馬場さんは腹が据わってるなという感じで、堂々としていて、自然体な芝居をする人だなと思いました。

主題歌は"GLAY"

主題歌はロックバンド・GLAYに決定。脚本を読んで新曲「the other end of the globe」を書き下ろした。

楽曲について、TERU(Vo)は「地球の裏側に思いを馳せ、焦らずゆっくりと人生の旅をするという内容になっています。FFは大好きなゲームなので、そのスケール感をGLAYサウンドで表現するべく、今までにないサウンド作りを心がけて制作したので、一味違った音に仕上がったと思います」とコメントを寄せた。

光のお父さん、主題歌がGLAYとかどんどんスケールがでかくなっていく

エンディング曲は"SILENT SIREN"

SILENT SIRENはメンバーそれぞれがブログや脚本を読み込み、世界観にあった新曲「AKANE」を書き下ろした。

光のお父さんのED、サイサイなんだ……!楽しみがふえた(*´-`)

1 2