1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

強烈にアイドルをディスる「ぱるる」のセリフが大反響!

ドラマ『スーパーサラリーマン左江内氏』第3話で島崎遥香さんがアイドルオーディションを受け過激で正論なセリフが話題に!演出の福田雄一氏は「銀魂」や「ヨシヒコ」も担当しています。

更新日: 2017年02月16日

48 お気に入り 467130 view
お気に入り追加

■ぱるるがJK役で出演の「スーパーサラリーマン左江内氏」

鬼嫁・円子(小泉今日子)と、娘・はね子(島崎遥香)、息子・もや夫(横山歩)に翻弄されながらも、世界平和のために奔走する左江内の姿は必見だ。

・パロディシーンも満載で放送当初から話題に

「ぱるると早見あかりがさすがのポテンシャル」と元「AKB48」と元「ももいろクローバー」の“ダンス共演”に注目するツイートも。

家庭シーンでは左江内の作った弁当への不満を長女・はね子(島崎)とその弟・もや夫(横山歩)が「しょっぱい」「しょっぱい!」と連発する。

左江内氏がおもしろい!!!ぱるる演技うまいな!!しかも、しょっぱいって絶対監督さん仕込んだよねw宇宙の仕事キャストも多くてクセ強いw恋ダンスやら、火曜日はハグやらも仕込みだな

島崎と言えば、テレビ番組で「塩対応」が一躍有名となり、そっけない態度が話題となる珍しいアイドルだった

■そんな中、3話で異例のお断りが発表された

代表作は勇者ヨシヒコ、HK 変態仮面、女子ーズ、銀魂など

脚本・演出を担当している福田雄一氏が、第3話放送前に「劇中のセリフは島崎本人によるものではない」と念押しした。

本当に何度も念押し、すみません!今夜のぱるさん、元AKBメンバーとして、あるまじきセリフをバンバン言いますが、それはあくまで!ぱるさんの言葉ではなく!はね子の言葉ですので!何卒ご理解下さい!あと、二朗さんとの絡みで堤さんが初の素笑いを繰り出します。他の画がなくカット出来ず謝!

、第3話の脚本は、はね子役に島崎が決定する前に書いたものだとして、「そこだけは!そこだけは!留意された上でご覧になって下さい!」と呼びかけた

・3話は浜辺美波さんがゲスト!アイドル役で放送された

はね子も憧れる、国民的アイドルグループ「ルージュパンク」のセンター・真中ありさ役を演じた。

浜辺美波かわいい。左江内氏ではおにゃんこクラブみたいだったw黒髪似合う子良きかな

・ぱるる(はね子)は「オーディション」を受けることになる

今夜一夜限りでセンター目指させていただきます。 続きは、本日21時より日本テレビ系列にて。 #わんわん#ヲタ芸 @saenai_ntv pic.twitter.com/6L4bpHVznw

島崎遥香演じるはね子が「センターになる!」とアイドルグループのオーディションを受ける。

心配する左江内をよそに、「センターを奪う!」と、野望に燃える家族たち。

ドラマ【スーパーサラリーマン】 第2話 ぱるる出てる(^^)w #スーパーサラリーマン pic.twitter.com/WjesXYnRdQ

友達を誘ってオーディションに参加!

ぱるる付き添いで来たってww AKBのオーディション受けた理由がドラマでも使われてるよwww

オーディションで「付き添い」「分かんない」などのセリフを連発するぱるる

・しかし、落選で逆ギレしてしまう

1 2





何故だろうさん

イケメンと美女を中心に、お役に立つ雑学と疑問に思っている事をまとめています。