ガラガラヘビ、ボア、ニシキヘビなどのヘビには、目と鼻の間に「ピット器官」と呼ばれる器官があり、この器官が周囲の微弱な赤外線放射、つまり熱を感知することができることは、数十年前から知られていた。

出典ヘビが赤外線を「感じる」メカニズムが明らかに、米研究 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

ピット器官とは、ヘビが持つ赤外線感知器官のこと。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

動物たちが持つ信じられないような『第六感』7選

多様な生物たちには、我々人間にはない数多くの能力が備わっていることがあります。獲物など他の生き物を感知するセンサー、地震を予知する能力、渡り鳥が自分の行き先を知る能力…人間の感覚からは想像もできない、動物たちの驚くべき「第六感」について。

このまとめを見る