ヘビの捕食対象といえば、やはりネズミのような恒温性である小型哺乳動物がメインのようだが、それらの動物は恐竜時代から大抵は夜行性だと思われ、それらの動物を捕らえるためにピット器官という赤外線感知のアビリティーを獲得したのだろう。

出典赤外線の見える動物。|川崎悟司 オフィシャルブログ 古世界の住人 Powered by Ameba

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

動物たちが持つ信じられないような『第六感』7選

多様な生物たちには、我々人間にはない数多くの能力が備わっていることがあります。獲物など他の生き物を感知するセンサー、地震を予知する能力、渡り鳥が自分の行き先を知る能力…人間の感覚からは想像もできない、動物たちの驚くべき「第六感」について。

このまとめを見る