1. まとめトップ

イスラム国家入国禁止に国境に壁建設…最近のアメリカが本気でヤバイ

テロ対策を強化する方針を示し、イスラム過激派のアメリカへの入国を防ぐためより厳しい審査を行うよう命じる大統領令に署名しました。ニュースをまとめ。

更新日: 2017年01月29日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 4309 view
お気に入り追加

○トランプ大統領 入国審査厳格化の大統領令

テロ対策を強化する方針を示し、イスラム過激派のアメリカへの入国を防ぐためより厳しい審査を行うよう命じる大統領令に署名しました。

「アメリカ国内にイスラム過激派のテロリストはいらない。われわれは、アメリカを支持する人たちだけを受け入れたい」と述べました。

トランプ米大統領の大統領令が即日適用され、各地で混乱が起きている。

○難民が入国を止められる事態が相次いで発生

ニューヨークのケネディ国際空港では、27日夜に到着した2人のイラク難民が入国を止められ、当局に拘束された。

トランプ氏が大統領令に署名した時点では難民は搭乗中だったという。

複数の米メディアによると、米国に入国しようとしたイラク人ら7人が28日、エジプトのカイロ空港でニューヨーク行きのエジプト航空機への搭乗を拒否された。

○正規の手続きを取っても、渡航を阻まれる事例が相次いでいる

米国の措置が決まった27日以降、イランやイラクなどの国民が事前にビザ(査証)を取得して正規の手続きを取ったにもかかわらず、渡航を阻まれる事例が相次いでいる。

6人は渡航に必要なビザを持っていましたが、エジプト航空は、アメリカの大統領令を受けての措置だと説明しています。

先に行われたアメリカの主要メディアとのインタビューで、テロが起きている国からの入国者について審査を厳しくする方針を示していました。

○イラン外務省は「同様の対抗措置」を表明

イラン外務省は28日、「イスラム世界に対する言語道断の侮辱だ」と激しく非難し、「同様の対抗措置」を取る方針を表明した。

トランプ政権が入国禁止の理由にイスラム過激派などの国内流入阻止を挙げたことに触れ「誤った認識に基づいた主張だ」と指弾。

米国が姿勢を変えない限り「イラン政府は国民の権利を守るため、同じだけの報復を実行に移すことになるだろう」と強調した。

○しかし、中東各国の政府の間では温度差も…

エジプトのシシ大統領はかねて、トランプ大統領の姿勢について、テロ対策のためなら理解できるとの見解を示してきた。

イスラム世界で「宗教を理由にした差別」との見方が広がれば、民衆レベルで反米感情が高まる事態が懸念される。

○このニュースはネットでも話題になっている

アメリカの入国禁止措置のニュースひどいな。グリーンカード持ちも入国出来ないのか。

米国はとんでもないことになっているな…特定の地域の一般人も90日間入国禁止か…

アメリカの入国禁止、ビザ持っててもダメなのか。ウケんな(ウケない)

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。