正当な理由があったうえでオファーを断ったものの、行き違いから松本を怒らせてしまったと主張し、必死に和解を求めようとしていた。

出典角田信朗、松本人志への謝罪も「痛すぎる」「傷口を広げただけ」と擁護の声なし | アサ芸プラス

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

角田信朗、松本人志へ謝罪するも「本のための売名か」と業界や世間から擁護の声なし

角田信朗が暴露した松本人志との確執騒動。松本が番組で真相を語ったことに対し、角田が謝罪するも、それがさらに世間の批判に火をつけた。角田は4月に著書を出版する予定で、出版イベントにはマスコミが押し寄せることが想定されることから、「松本さんを本の宣伝に利用したのか!」と”売名説”がささやかれているそう。

このまとめを見る