1. まとめトップ

生命保険会社じゃなくなる!?生保会社の今後の戦略がユニークすぎる!

少子高齢化、人口減少のため今後厳しくなるとみられる生命保険会社。そんな中、今後の戦略でユニークなものをまとめてみました。

更新日: 2017年01月30日

2 お気に入り 15728 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

patapatao33さん

生保会社の今後は厳しい

人口減少社会に加え、2030年に日本国民の3割が65歳以上、少子高齢化の加速といった予測がされる未来において、日本の保険市場がますますレッドオーシャン化

日本は人口減少で保険会社は保険料収入は減少していきます。それと平行して日本の保険市場は、世界先進国よりも、また今保険市場が伸びている発展途上国の保険市場よりも日本の保険市場は劣っていく

今後の戦略① 介護事業に進出する生保会社相次ぐ

損保ジャパン日本興亜ホールディングスは2日、居酒屋大手ワタミの介護子会社を買収すると発表。東京海上ホールディングスや明治安田生命保険も介護関連事業を拡大する方向

保険会社としても、社会ニーズがあるところにビジネスチャンスがありますので、ここを強化しようと考える

今後の戦略② 健康応援企業への変革(ひまわり生命)

“お客さまと保険”という関係性の枠を越えて、永くお客さまに寄り添い、健康に関する新たな価値を提供する「健康応援企業」への変革を目指しています。

お客さまの健康増進を応援 する企業になることを目指し、2016年9月より、健康サービスブランド「Linkx(リンククロス)」を 立ち上げることを決定

お客さまに心地よく、楽しく、健康を維持していただくことを コンセプトとして、健康を軸とした革新的な商品や、アプリを中心とした健康関連サービスを展開

SOMPOホールディングスグループが展開するさまざまな事業との連携を視野に入れ、健康をテクノロジーでつなぐヘルステック(*)サービスへの対応を進め、健康に関する優れた商品やサービスの提供にチャレンジ

今後の戦略③ 時代に合った保険商品開発(太陽生命、朝日生命)

超高齢化社会で避けては通れない問題、それは「認知症」です。認知症になると、その患者さんはもちろん家族にも精神的・金銭的負担が重くのしかかります。

太陽生命保険は、認知症になると給付金が出る「認知症治療保険」を、…(中略)…発売

朝日生命保険相互会社は3月22日、認知症専用介護保険の「認知症介護終身年金保険(返戻金なし型)」及び「認知症介護一時金保険(返戻金なし型)」を4月4日より発売することを発表

「公的介護保険制度の要介護1以上になったと認定される」かつ「所定の認知症となる」の両条件を満たした場合、年金または一時金が支払われる。

今後の戦略④ 多様な販売チャネルに

かつては営業職員等から対面で提案を受ける方法が唯一でした。しかし、今では、対面の他、店舗(保険ショップ)、ネットとチャネルが多様化

携帯電話大手がスマホを使った金融サービスの提供を拡大中。auは、…(中略)…スマホで契約できる生命保険や損害保険、住宅ローンの取り扱いを始める。

1 2