1. まとめトップ

【必見】いざという時はこれを見ろ! さっと役立つ英語

いざという時に役立つ英語をまとめました。

更新日: 2017年01月29日

4 お気に入り 1514 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

くせ毛丸さん

Tell me 教えて

例 ここの答え教えて

Tell me this answer.

Excuse me すみません

何か声をかけたい時に、ほんのちょっとだけ悪いと思った時に使えます。

I want to quit 辞めたい

親しい人の前ではI wanna quitでいいでしょう。

I have to do 〜しなきゃ

親しい間柄ならI gotta do でもOKです。

What do you do? 職業は何ですか?

相手が学生かどうか?仕事をしているのかなどを聞くのに使えます。

Where is the 〇〇 ?〇〇はどこですか?

場所を訪ねる時に使えます。ちなみにトイレはBathroom(バスルーム)です。 Toilet (トイレット)と聞くと下品なので辞めましょう。

〇〇 is over there 〇〇は向こうです

指をさしながら使うのがオススメです。場所を尋ねられた時に使いやすいです。

No thank you いや、結構です。

エホバの証人などの宗教勧誘や上野や竹下通りなどの黒人の方々もこれで一蹴しましょう。

【取扱注意】 英語がわからない人にだけ使いましょう。 Kiss my ass 死ね 糞食らえ バカヤローetc

注意、決して英語がわかる人には使ってはいけません。

直訳するとケツにキスしろという意味です。英語がわかる方に使ったら国際問題になりかねません。

では、どういう時に使うかというと、ムカつく奴に何か言ってやりたいけど言えない時に相手が英語がわからない人間なら言ってやりましょう。ストレス発散になります

1