エドワードは,自分が絵をかいているところをごく少数の親しい友人や身内にしか見せませんでした。しばらくして,そのうちの何人かが“弟子”になり,その絵のスタイルの人気は高まってゆきました。

出典思わずにっこり ― ティンガティンガ・アート — ものみの塔 オンライン・ライブラリー

彼が描く独特の絵画はたちまち評判を呼び、タンザニアを訪れるヨーロッパ人が買い求めるようになり、世界に広まっていきました。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

価値観変わる体験。神秘のアウトサイダーアート『ティンガティンガ』

タンザニア生まれのポップアート「ティンガティンガ」。創始者エドワード・サイディ・ティンガティンガは画材も、画法も完全独流のアウトサイダー・アーティスト。世界に価値を認められ、数多くの継承者を生み出した「ティンガティンガ」の魅力について。

このまとめを見る