1. まとめトップ
  2. 雑学

鬼は何で豆なの!?『恐ろしいアレ』が人間の日常品を嫌う理由とは・・・

鬼は「豆」、ドラキュラは「にんにく」、口裂け女は「ポマード」、キョンシーは「もち米」・・・人間を脅かすハズのこれらの存在がなぜ、人間の日常品に弱いの?

更新日: 2017年02月03日

canty0628さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
38 お気に入り 53554 view
お気に入り追加

▼2月3日は節分です!

2月3日は節分。「福は内、鬼は外」と掛け声をかけながら豆まきをして鬼や邪気を退散させる行事。

おはようございます、今日は節分。豆まきの後の恵方巻が楽しみ (*^^*)

季節の変わり目には鬼が出ると言われていて、節分に豆をまいて鬼を追い払うのは、室町時代から続いています。

出典節分の豆まきの由来とは?子供に聞かれても安心!

豆まきは、古代中国から伝来した「追儺(ついな)」という行事に由来します。

でもどうして鬼は『豆』が嫌いなのか・・・

節分の「豆」知識。どうして豆で鬼が追い払えるのか?。(○゚∀゚)

また、昔々、京都鞍馬山に鬼が出たとき、毘沙門天のお告げによって大豆を鬼の目に投げつけて退治したという話もあります。

魔の目(魔目=まめ)に豆を投げつけて魔を滅する(魔滅=まめ)にも通じるそうです。

”鬼は豆をぶつけられるのが嫌い” 誰だって不愉快だと思うんだよなぁ

生の豆を使うと、芽が出て縁起が悪いとされ、豆まきには「炒る」が「射る」にも通じて、炒り豆でなくてはいけないとされているそう。

鬼って豆が嫌いって言うけど、味噌や豆腐は好む傾向にあるんだって!あくまで炒った豆だけなのな

▼人間の血を吸う恐怖の『吸血鬼』はニンニク・・・何で嫌いなの?

「血を吸う怪物」というモチーフは世界中の神話、民話に登場するが、現在一般に敷衍した吸血鬼の概念は東欧の伝説をベースとする。

吸血鬼は、ニンニクの匂いを嫌うので、生のニンニクや、ニンニクの花をそばに置いておくと、近づいて来られない。

そもそも吸血鬼は狂犬病をイメージしていた!?

当時のヨーロッパでは吸血鬼が人々の話題になっていたことから,吸血鬼伝説がその当時流行した狂犬病の症状と結びついて,現在の吸血鬼のイメージが出来上がった可能性が。

ドラキュラは吸血鬼とも言われるように化け物として扱われていますが、そのイメージから発狂したり、暴力をするなどの特徴が見えてきます。

ヴァンパイヤの弱点、太陽の光に弱いこととニンニクを嫌うことは狂犬病の症状に似ているということです。

ん、吸血鬼の弱点が狂犬病とかなり共通するという記事を見つけた

症状の特長の一つに刺激臭が苦手、だからニンニクが苦手なんてことを言われていたりする。

(´・ω・`)吸血鬼の伝承の一部は狂犬病に羅漢した人の症状から派生してるって説があるので、流水やニンニク辺りはこの辺から来てる可能性あるね

1 2





canty0628さん

気になることを「上質」なまとめとして発信していきます!似たまとめがあったとしても、他より「分かりやすく」「オリジナル」がモットーです。

このまとめに参加する