1. まとめトップ

メキシコのペニャニエト大統領が訪米中止を検討していることが25日、分かった。ペニャニエト氏は25日、トランプ氏がメキシコとの国境沿いの「壁」建設に関する大統領令に署名したことに対して、「決定は非常に残念で、容認できない」との声明を出した。声明ではさらに「繰り返す。メキシコは決して壁の費用を払わない」とした。

出典i.gzn.jp

国別店舗数 TOP3
1位アメリカ 11,234
2位カナダ 1,268
3位日本 988
(2013年の第3四半期)

トランプ大統領の就任を受けて

ハワード・シュルツ会長兼最高経営責任者(CEO)は29日、トランプ米大統領がシリア難民の受け入れ停止などを命じたことを批判した上で、世界75カ国の店舗で今後5年間に1万人の難民を雇用すると発表した。

シュルツ会長は「アメリカンドリームへの期待が揺らいでいる」と危機感を表明。今回の大統領令の影響を受ける従業員らへの支援にも、全力を挙げる考えを示した。

さらに、フェイスブック重役の批判と懸念

フェイスブックCEOマーク・ザッカーバーグ氏

フェイスブックに自ら投稿し「米国の安全を守る必要はあるが、実際に脅威となる人々に集中すべきだ。むやみに取り締まりの対象を広げれば、当局の資金や人員が分散し、むしろ安全ではなくなる」

「助けを必要としている人々には門戸を開いておくべきだ。それが米国の姿だ。米国は移民国家だ」と訴えた。

また、フェイスブックCOO(最高執行責任者)シェリル・サンドバーグ氏は

「グローバル・ギャグ・ルールが以前実施されたとき、避妊を受けられない女性の望まない妊娠や中絶率が2倍になったという調査結果が多く見られた。中絶を防ぐ一番の方法は家族計画サービスを徹底することで、規制をかけることではない」

上記はシェリル・ハザード氏のトランプ大統領の中絶に反対する大統領命令への批判です。
※グローバル・ギャグ・ルールとは、メキシコ・シティ政策のことで、中絶などに関するNGOへの政府支出を禁じる政策。今までは、年間6億ドルの国際援助をしていた2,700万人がサービスを受けられるようにしていた。
参照:http://www.huffingtonpost.jp/2017/01/24/trump-abortion_n_14353476.html

1





licensetoraさん

誰かが自分の記事を読んで役に立ったと思って欲しいと思い始めました。時間があるときにまとめを複数作っています。