1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

どちらがお好き?ナポリorローマピッツァの都内のレストラン。

生地の厚めのナポリピッツァと生地が薄いローマピッツァ。日本には本格的なピッツァが食べられるレストランが思いのほかたくさんあります。そんなレストランの中から美味しいナポリピッツァとローマピッツァが食べられるレストランについて。

更新日: 2017年01月31日

JPNMILANOさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
292 お気に入り 51911 view
お気に入り追加

ナポリピッツとは!?

ナポリピッツァの特徴のひとつに、コルニチョーネがある。コルニチョーネはピザの縁の部分のことで、ナポリピッツァでは厚く、空気が熱で膨張して風船のように膨らむ。

400℃以上にもなる高温の薪窯で一気に焼くことにより、表面は少し焦げるぐらい焼けてパリっとしているが、中はふんわり、もっちりとした食感が楽しめ、二つ折りや四つ折りが簡単にできるぐらい中央部分は柔らかい。焼き時間はほんの1分半程度。

《桜新町》ピッツェリア チーロ(PIZZERIA CIRO)

[平日]
11:30~15:00(L.O.14:30)
17:00~22:00(L.O.21:30) 

[土・日・祝]
11:30~22:00(L.O.21:30)
ランチ営業、日曜営業
定休日:無休(年始のみ休み)

店長の高山徹氏はTOTOの愛称で日本全国のピッツァ職人達から愛されている人気者です。東中野CIROの店長をやる前は下高井戸の名店トニーノ、更にナポリではミシュランの星を持つ「ラ・ノティッツィア」など日本とナポリの名店で腕を磨いてきたピッツァ職人。

マイス。モッツァレラにバジル、ハム、コーン、生クリームというシンプルで軽めのピザですがこれも美味しいです。特に生クリームが印象的でした。

《清澄白河》ベッラ・ナポリ(BELLA NAPOLI)

なんと清澄通りを少し南へ下った下町の商店街のらくろード沿いに、こんなオシャレな佇まいがございます。

[火~土]
18:00~22:30(L.O.22:00)
[日・祝]
17:00~21:30(L.O.21:00)
日曜営業
定休日:月曜日 夏季・年末年始連休有

ピッツァはさすがに500℃の薪釜で焼いているのでもちもちで、香ばしく生地の味も申し分なかった。

お気に入りのピッツァは、「ルッコラエ プロシュット」。焼きたてモチモチ・モッツァレラチーズピザの上に、ルッコラと生ハムが大量に盛り付けてあります。これがね、もう、超美味しいのです。行ったら絶対に頼んでください。あっというまにペロリと行っちゃいます。

「ピッツァ カプリチョーザ」。たくさんの種類の具材がのっかってます。もうちょっとチーズが多いほうが私の好みですが、美味しいです。ちょっと焦げた感じとかいいんですよね~。

《中目黒》イル ルポーネ (il Lupone)

サイト、内外装、窯やエスプレッソマシンを初めとした調理用具、クロスを掛けたテーブルそして椅子、皿やカトラリーなどなど全体のバランスが良く、皆さんのレビューにあるようにもし個人店だとしたら驚きの一言。

[火~金] 18:00~24:00(L.O) [土・日・祝] 12:00~14:30(L.O) 18:00~22:00(L.O)
ランチ営業、夜10時以降入店可、日曜営業
定休日:月曜日

ピッツァの味は正当なマルゲリータでナポリスタイルのピッツァです。生地。トマトソース。オリーブオイル。モッツァレラ。バジルのバランスがよく美味しかった。

ピッツァはクワットロフォルマッジをチョイス。ボリューム感ある生地はサクッとしていていながらもモッチリとした食感に焼き上げられていますし、濃厚なチーズも惜しげなく使われている。

1 2 3





JPNMILANOさん

デザインとグルメ、猫のまとめを中心にやっていきます。