1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

youtubeさん

日本人は睡眠時間が短く、4割の人が睡眠に悩んでいる。真っ暗で、心地よく、枕の高さも決まってるなど完璧な状態じゃないと寝れないなどと話した。
あなたの国の快眠法は?と各国でインタビューをした。オランダは「どんなに寒くても窓を開けて寝る」。スリランカは「カレーの香りを嗅いでリラックスする」などだった。

専門家が認めた方法1 裸で寝る

人は寝ると体温が下がる。日中に活動した脳や内臓のオーバーヒートを抑えるため。裸で寝ることで早く体温が下がり効率的な眠りに繋がる。

専門家が認めた方法2 ヒツジの数を数える

シープとスリープの語感が似ているので自己暗示をかけて眠りやすくなる。単純作業を繰り返すことで脳が退屈になって眠りにつくという。

専門家が認めた方法3 抱きまくら

抱きまくらを抱いて寝ることで空間ができる。風が通りやすく熱の蒸発が盛んになる。さらに姿勢が安定しより楽に眠れるという。

専門家が認めた方法4 香りをかぐ

寝る前にコーヒーの香りを嗅ぐと寝付きがよくなる。コーヒーは香りだけなら睡眠効果がある物もある。コーヒーの香りは脳内のアルファ波を増やしリラックスさせるさせる効果があるという。アルファ波が増えるのは「グアテマラ」「ブルーマウンテン」の2種類だという。

「歯を磨く」は寝る前にしてはいけない!

歯磨きは歯肉を刺激して目が覚める。さらに冷たい水の刺激が睡眠ホルモンを減らすという。寝る1時間半前くらいが丁度いいという。

寝る前の食事について坪田聡は、食事してすぐに寝ると、内臓は消化をしているので眠りが浅くなると話した。寝る前のお風呂は、体温が上がってしまうために眠りが深くならないという。大切なのは身体の温度を下げることだという。

1分間で眠れる呼吸法 4吸う 7止める 8吐く

一分間で寝れるという話題の呼吸法「4-7-8呼吸法」を紹介した。

4秒鼻から息を吸う。
7秒息を止める。
8秒間、口から息を吐く。

手足の血流が良くなり熱が放散され体温が下がりやすくなる。

1