1. まとめトップ

千葉のご当地袋麺「サッポロ一番アラビヤン焼そば」

千葉県北部から茨城県南部あたりでのみ販売され、千葉のご当地袋麺とも呼ばれている、サッポロ一番アラビヤン焼そばのご紹介。

更新日: 2018年03月30日

3 お気に入り 7037 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

即席麺系が好きなのでまとめてみました。

moepapaさん

アラビヤン焼そばとは

アラビヤン焼そば(アラビヤンやきそば)とはサンヨー食品から「サッポロ一番」ブランドにて発売されている袋麺タイプのインスタント焼きそばである。
1967年4月10日、袋麺タイプのインスタント焼きそばとしてサンヨー食品から発売された。

液状タイプのソースでなく、粉末ソースで炒める焼きそば。

パッケージには、ターバンを巻いたインド人風の青い目の人形の写真と「不思議な位おいしく出来ます」というキャッチコピーが記載されている。

不思議な名前の由来

名称の由来について、同社は草創期の商品ということもあり確実に把握していないが、『キャッチコピーの「不思議な位おいしく出来ます」から「不思議な位→魔法のように→アラジン」というイメージの延長で連想した』説と、『開発商品の1番目が「サッポロ一番」、2番目が「長崎タンメン」など、ご当地モノを重視した名称が続き、当商品は4番目なのでその流れで考えられた』説が挙げられていた

切ない地域限定の経緯

当初、全国販売されテレビコマーシャルも放映されていたが、1980年~2008年頃までの間は千葉県北部から茨城県南部を中心に販売されていた。そもそも地域限定販売を狙ったのではなく、他の地域では需要低迷で採算割れしたことで販売を終了、後に再度関東地方のコンビニで試験販売を実施したが低調で他地域での展開を諦めた。

その一方、千葉県から茨城県の一部地域だけは好評で売上が安定していたため、このような販売形態になっていた。マックスコーヒーと同様に「千葉県ご当地食品」と呼ばれることも少なくなかった。

作り方

特に一般的な袋麺の焼きそばと変わりませんが、麺を茹でて柔らかくなってから水気を切りながら炒める。基本では具がないので、適宜野菜などを足す。といったところ。カップ麺よりは若干の手間が。

そしてリニューアル

2000年2月にリニューアルが行われた[2]。2000年代中盤以降はインターネット上において興味関心を持つ者の間で話題となったり、通信販売で購入可能な状態となっていた。

2008年6月30日から同年9月までの限定商品で、大盛サイズのカップ焼そばに発展した「アラビヤン焼そば BIG」が全国で発売された。

幻の商品として、カップ麺マニアなどを中心に話題、人気に。

2009年以降より再び全国で店頭販売されるようになった。

1 2