1. まとめトップ

ナムコ創業者の中村雅哉さん死去…パックマンやゼビウスが感慨深い

バンダイナムコエンターテインメントの創業者・中村雅哉さんが死去し偉大な功績やゲームが話題にネットからは悲しみの声が広がっています。

更新日: 2017年01月31日

0 お気に入り 2030 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

「パックマンの父」創業者の中村雅哉さんが死去

中村雅哉さんが、今月22日に亡くなりました。91歳でした。

バンダイナムコホールディングスによりますと、

グローバル市場で成長するエンターテインメント企業グループになりたいという中村の強い想いもあり実現しました。

2005年にはバンダイ(当時)との経営統合を推進。現在のバンダイナムコグループの礎を気付いた。

中村はナムコの成長発展に尽力しただけでなく、様々な協会活動を通じて業界全体の発展、映像関連産業の発展にも尽力してきました。

「強い生物や賢い生物ではなく、変化に対応できる生物が生き残る」というダーウィンの一節を挙げ、統合の狙いを語った。

そもそも「パックマン」とは?

迷路の至る所に配置されたクッキーを、追いかけてくるゴーストを避けながら食べていくゲーム

1980年5月22日の国内で発表され、記録的な大ヒットをし、その後、海外に進出

「ギャラクシアン」「ゼビウス」の人気ゲームを世に送り出した

というか初めてゲーセンでやったゲームがギャラクシアン。 面白すぎて一瞬でお小遣いが全部持っていかれました。 それくらい自分には衝撃でした。 #初めてのナムコ pic.twitter.com/oMaPrmcRzm

80年代には豊富なアーケードゲームを次々と「ファミリーコンピュータ(ファミコン)」にも移植して、事業を拡大。

このニュースはネットからも追悼の声が上がっています。

ナムコの中村社長亡くなったのか。 80年代のナムコは無敵だった。 ゼビウス、ディグダグ、マッピー、NewラリーX、ポールポジション。 ラジアメも毎週聴いてたし、プレイシティ・キャロットにも通っていた。 あの頃のナムコは俺の青春だった。

1 2