1. まとめトップ
  2. カラダ

すぐに出社しちゃダメ!インフルエンザが治ってから考えるべきこと

インフルエンザが大流行していますが、インフルエンザは治ったと思っていてもウイルスが残っていることがあるので注意が必要です。

更新日: 2017年01月31日

55 お気に入り 93931 view
お気に入り追加

■急激に増えているインフルエンザ感染者数

国立感染症研究所によりますと、1月22日までの1週間に、推計の患者数は161万人と前の週に比べ急増し、今シーズン初めて100万人を超えた

直近1週間の全国約5千カ所の定点医療機関からの患者報告数は、1カ所あたり28・66人で、「警報レベル」とされる30人に迫っている。

ウイルス検出状況をみると、AH3(A香港型)が最も多く、次いでB(ビクトリア系統)、AH1pdm09が検出されている

『速報』 旦那がインフルエンザAになりましたチ───(´-ω-`)───ン

@yanhkcoser インフルエンザになっちゃって身体が超熱い ありがとうございます!水いっぱい飲みます

■インフルエンザって治ったらすぐに出社、登校してもいいの?

高熱が下がると体の倦怠感が治まってきて、ピークが過ぎたなという印象になるでしょう。このあたりを一般的に「治りかけ」と考える人が多い

熱が下がったからといってすぐに出勤した場合などは、他人に感染させてしまう可能性があるので、十分注意が必要です。

インフルエンザは発症前日から、発症後3日~7日間は鼻やのどからウイルスが排出されるといわれています

現行の「学校保健安全法」によれば、学校における出席停止期間は、「発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日(幼児にあっては、3日)を経過するまで」と定められています。

熱が下がっても、まだ咳は出たままの場合もあります。咳が出るうちは、出社を控え、主治医の判断に従いウイルスが消滅するといわれている解熱後2日後まで安静にしておきましょう。

インフルエンザが回復し、いざ出勤する事となった場合は、マスクの着用は必須です

不織布のマスクを付けるようにします。

インフルエンザウィルスは吐息やくしゃみ、唾などでも空気感染しますので、出勤時は極力職場の方々に近づかない、近くで会話などをしない事をおすすめします

■薬は全て飲み切るのがポイント

熱やだるさなどの症状は消えても、体内にインフルエンザウイルスが残っているようです。それを絶滅させるためには、処方を受けた日数分のタミフルを、きちんと最後まで飲み切る必要があります

熱がなくなったからと服用をやめ、インフルエンザウイルスが体内に残っている状態で出勤したり、普段のように過ごしたりすると、同僚や家族にうつしてしまう危険性が非常に高い

熱が下がったあとも、お薬はきちんと使い切り、最低2日間は自宅で療養しましょう。

■インフルエンザ感染後は、再び風邪にかかりやすいので注意

せん毛 (のどのほうき役)は風邪で壊されてしまうと、 復旧に2~3日 の時間がかかる。この間に無理をくり返し、再びウイルス・細菌に感染すると、また風邪をひく

次にかかる時は、 もっと恐ろしい細菌の感染が起きやすい。スペイン風邪、アジア風邪など、過去に大流行した風邪での死亡は、こうした細菌感染による肺炎が原因となった。

1 2





まひろちゃんぶーさん

皆さんのお役にたてるよう頑張りますのでよろしくお願いします

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう