1. まとめトップ

2017年 しいたけさん占い 水瓶座の占い・運勢まとめ

2017年、しいたけさんによる水瓶座の占い・運勢をまとめます。

更新日: 2017年09月05日

3 お気に入り 8578 view
お気に入り追加

しいたけさんについて

しいたけさんによる「水瓶座」

「いまは苦しくても、自分を完成させていくと苦しくはなくなるだろうし、もっと言うと苦しいのも嫌いじゃない」
っていうところでは水瓶座は1位だと思う。

これもすごいわかります。 水瓶座、理解するまですごい長い時間軸を置きますよね。 かといって即決の時もある。うーむ、奥が深い twitter.com/luvagamba/stat…

水瓶座は博愛主義者というバッサリまとめは、僕自身も読んでて悲しくなりました。 水瓶座としての楽しさと切なさと恩義を扱う姿勢をまったく無視した単純な決めつけ。 twitter.com/hodoyoku/statu…

たとえば日本だとお祭りとかフェスティバルとされる場所、それは大体一年に一回神社とかお寺とか、そういう「現実の場所ではない、異界とされる場所」で開催されるイベント(今だと音楽フェスとかクラブとか、あとはディズニーランドとかですね)で

「ここにいるのはいつもの私ではないですよ」

という、日常を離れる時間がやっぱりどうしても水瓶座は必要なのです。

水瓶座もどこか「運命に従う」みたいなところがあって、よくSF小説とかで平穏無事に暮らしていたOLの人が急に「あなたは来月に火星に発生した地球外生命体と戦うことになりました」とか、そういう「奇想天外」なことが人生の中で起きやすいのです。変な展開に対してどうしてもYesと言ってしまう

水瓶座ってどこか「非現実性の世界」のなかに暮らしているところがあって「生きているとこんな不思議なこともあるんだよ」ってみんなにアナウンスするための存在に見えることがあります。 だから「普通」ってある程度生きるまでわからないかも知れない。

「普通」を知ると、外国から来た人がすごい日本を好きになっちゃったみたいに「めざし、七輪素敵デスネー」って、なんか赤提灯とかそういうレトロでローカルなものを愛するようになる。 お酒飲めなくても良いから「一緒に二人でお酒が飲める人」って、水瓶座のパートナーでは大切。その空気。

獅子座と蠍座って、自分一人の時間では完全には自分を回復できないんです。あと、水瓶座もそういうところがあります。 だから、この人たちには「忙しいだろうけどたまには一緒にご飯でも食べようよ。久しぶりに声を聞きたい」とか一声かけてあげると、それで救われる時もあります。

獅子座と蠍座と乙女座、水瓶座の愛情ってどうしても母親性があるのです。 愛情が深いからこそいつの間にか「やってもらうのが当たり前」になり、そして「うっとうしい」とも感じられてしまうことがある。 だから、たまにで良いのでちゃんとこの人たちには感謝を伝えなきゃいけません皆さま

2016年を振り返って

2016年なのですが

「次に何を見ていくか」

という方向性に向き合っている。その時の結論としてはやっぱり「ふたつ」ということになったんじゃないかなぁと思うのです。

だから水瓶座にとってたとえば「仕事とプライベートどっちが大事なのか? 」というようなシンプルにまとめようとする質問は自分自身にもしない方が良いです。

2017年上半期

「ギューッ(大切)かポイ(いらない)で」

「好き」と「気持ち良かった」という感覚を覚えたら「じゃあ大事にしようね。ギューッ」って自分の両腕を抱きしめてあげるようなことをやってください。「この感触は大事で気持ちいいから、私は未来に持っていく」というようなイメージです。そこまで考えずとも「ギューッ」って大事にするだけでもいいです。

逆に「嫌だった」と感じたことに関しては、自分のなかの「幼児」に向かって「じゃあそれはポイしちゃいましょうね」と言ってその場で捨ててください。「忘れちゃいましょうね。嫌ね、あの人は」と言ってあげてください。

「大好き! ギューッ!」と「嫌だ! ポイ!」とやってきたあなたは、自分が愛せるものを見た時にやさしい雰囲気を出します。そしてその「愛」を歓迎する雰囲気を出します。逆に、嫌なものを見た時には「嫌だなー」という空気をちゃんと出せます。それが大事なのです。

2017年下半期(インスタLIVE関連)

だから、昔個人で鑑定をしていたときも、蠍座と水瓶座の人って「今幸せなんです。やっとここまで来られました。でも私はこのままで良いんでしょうか? 」と聞いてくる人たちが異様に多かった(笑) 「え、いいんじゃないですか」 で済まされない火種を持っている人たちなんです。 #蠍座

いきなりこういう話からしたいのですが、 蠍座と山羊座と水瓶座にその傾向ってすごく強いと思うのですが 「やべーと感じるものとの出合いによって人生が決まる」 ところってすごくあると思うのです。「昨日までは普通の生活。でも今日にすごいやばいものと出合った。人生変えます」みたいな。

「自分の弱点や苦難を捨てずに向き合う。簡単にできませんでしたとは言わない。良いことも苦しいことも含めて自分に向かってくる縁を大切にしたい」 って山羊座も水瓶座もすごく似てます。その不器用さが。でも細部に違いがあるから水瓶座の時に説明します。 #山羊座 #水瓶座

色々背負い過ぎてオーバーした時って、良い悪いは別として山羊座は派手に自爆してリセットしようとすんですね。「もう全部木っ端みじんじゃあ!」って言って。 でも水瓶座はもっと静かに倒れてる。 そして長い時間をかけてそこから再生しようとする。ちょっと精霊的なのです。#山羊座 #水瓶座

山羊座の方がなんか水瓶座に比べて「獣臭(けものしゅう)」がするでしょう? 「追い詰めると命がけの反撃してくるだろうな」って獣性がある。蠍座は静かに刀を抜いている(笑) 水瓶座は倒れるときなんか「私で良ければいいよ」とニッコリ笑ってる印象があります。すごいんです(笑) #水瓶座

ちょっと水瓶座にも触れると、水瓶座の人ってすごい才知に溢れてるような人も、その奥底にある性質って恐ろしいぐらいに「透明さ」がある。 ぞっとするほど透明で、無邪気な部分。 だからすごく傷も受けてきた人が多いという印象です。 #水瓶座

水瓶座って何か奥底に「自分を変えられない部分」があって、たとえば誰かを好きになったら「相手に自分を好きにならせるように演じる」みたいなことができなくて 「好きー」 という気持ちだけでずっと行くようなところがあります。 「自分は自分」という、奥底にある透明さがすごい。#水瓶座

1 2 3 4 5





自由をこよなく愛する水瓶座生まれ
☆自由になりたいあなたへ http://mokiyu.com
★悩みを解決する西洋占星術 http://fortune.mokiyu.com