1. まとめトップ

「ひじき」が人体に悪影響!? 海外では危険と認定されているヤバい商品

 日本では当たり前に売られているが、海外では危険と認定されているヤバい商品もある。
その代表格が、日本の食卓で古くから親しまれてきた“ひじき”だ。

 ’04年、イギリスの食品規格庁(FSA)は、ひじきに含まれる無機ヒ素が人体に悪影響を及ぼすとして
「あえて食べないよう勧告する」と発表。カナダ、オーストラリア、香港などでも同様の勧告がなされている。

 無機ヒ素を長期的に大量摂取すると、人体にどのような影響があるのか。内閣府食品安全委員会の報告によれば、
がん、皮膚病変、発達神経への影響、心血管疾患などを引き起こす可能性もあるという。
これらのリスクについて、厚生労働省に問い合わせてみた。

「調査が不十分なので評価できませんが、一般的に毒性があるといわれているので、大量に摂取するのは好ましくない。
具体的にどの程度の量が危険なのかについては、まだ何とも言えない状況です」

フランスで行われた研究で、約2,000人の男女を7年にわたって追跡調査したもの。スタートの時点では40%が喘息持ちだったそうな。


全員がいつもどれだけ加工肉を食べているかを調べたうえで、BMIや喫煙、運動量、教育レベルなどの要素を調整していったところ、

週に4食分の加工肉を食べる人は喘息の症状が76%の確率で悪化する!

加工肉を食べていい安全ラインとは?

「パレオダイエットの教科書」では、「加工肉は徹底的に減らしてね!」って話を強調しております。





加工肉ってのは、いわゆるハム、ソーセージ、ベーコン、サラミみたいな食品のこと。加工肉が発がん率を高めるのはほぼ確定してまして、私も年に1、2回食べるか食べないかのレベルまで減らしております。





もっとも、いまのとこ「どれぐらいなら加工肉を食べても安全なの?」って問題についてはよくわからず。あんまり使えるデータがないのが現状だったんですが、近ごろ出た論文(1)は、なかなか参考になりそうであります。

WHOが推奨することは、野菜や全粒穀物をより多く摂取し、赤身肉や加工肉の消費を減らすこと。なぜなら食物繊維の摂取は、がんの予防に繋がる

研究結果によると、50グラムほどの加工肉を毎日食べると大腸がん発症率は最大18%に、赤身肉100グラムの場合は17%ほど高まる可能性があると指摘されています。

加工肉は2015年10月に大腸がんの発症を増やすリスクがWHOから指摘されている。このリスクを鑑みてはじき出されたウィンナー1本当たりの損失余命が25秒なのだ。

ひじきの煮物」の損失余命。ひじきは健康に良いイメージの食べ物だが、含まれる無機ヒ素の濃度が非常に高いため、その損失余命は小鉢1人前当たり58分

加工肉とは、本来の肉が形質転換され、風味の改善や賞味期限の延長のため加塩もしくは発酵、スモークされたもの。加工肉の消費が腸がんや大腸がんの原因となり得る可能性を指摘するうえで"十分な証拠"を有しているため、発がん性が指摘されるGroup1に分類されています。

胃癌や膵臓がんのように、特定の赤身肉によって"おそらく"起こり得る発がん性リスクは、Group1と比べてその証拠が掴みづらかったようです。そのためGroup2の人間への影響は、"限られた証拠"を

1





daiba49さん

政敵の悪口ばかりの政治家、広告主や権力批判出来ない新聞テレビは信じません。フィルターの無い・・ウィキリークのようなナマの情報でなければね!
私?知性も野生も感性もない軽い変態ですが!?何か?